日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

梅雨に突入か…?

今日は、1日を通して良い天気となりました(^^)/

6月に入ってからは、晴れても一時的に雲が広がったりしたので、実は1日を通して晴れる日はなかったのです。

 

ただし、明日以降は一気に梅雨らしい天気となってしまいそうですね。

 

ワイドショーやニュースなどを見ると、

「明日梅雨入りか…?」

という内容で天気を伝えていたので、いよいよ梅雨入りなのでしょう。

 

今日は貴重な晴れ間となりそうだったので、しっかりと布団を干しておきました(^^♪

 

 

雨の日は基本的に休み

お茶農家は、基本的には雨が降るとお休みになります。

 

まず、茶畑での作業は、機械を使用することがほとんどなので、雨が降っては作業が行えません…。

(小雨であれば、カッパを着て作業を行うことも極たまにあります。が、基本的には行いません)

 

 

また、お茶が感染する病気は、大半が「カビ」を原因としています。

湿度が高くなる、あるいは雨で葉っぱが濡れている状態では、ただでさえ病気に感染しやすい条件となっているのです。

 

さらに、作業を行うことで葉っぱに傷を付けてしまうと、余計に感染しやすくなってしまいます(>_<)

雨の中の作業は、病気を防ぐ観点からもやめた方がいいのです!

 

 

これらのことから、室内での作業がある時もありますが、基本的に雨の日はお休みとなります。

 

天気予報とにらめっこをし、事前に”いつ””何を”行うか計画しておくことが大切です!

 

 

雨で順調に生長

お茶が元気に生長するには、適度に雨が降る必要があります。

湿度や雨は、病気の原因ともなってしまうものですが、同時に元気にお茶の樹が生長したり、品質の良いお茶を育てるためには、無くてはなりません!

 

もちろん、雨が多すぎてしまうと、逆に問題が発生してしまうのですが…。

 

 

これから夏にかけては、雨が降らないことによる土の乾燥は大敵です!

お茶の樹の生長にダメージがあると、病気や害虫に弱くなってしまったり、来年以降の生長にも影響が出ることがあります。

 

そのため、1週間に一度。最低でも2週間に一度は、まとまった雨が欲しくなります。

 

 

お茶の樹の生長には欠かせない雨。

雨の季節がもうそこまで迫っています。