日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

品質の良い二番茶を収穫するために 「遅れ芽摘み」の実施

昨日はお昼頃からまとまった雨が降り、一時的に雷も鳴るような激しい雨となりました。

 

そして、東海地方でも”梅雨入り”したとみられる…ということで、梅雨入りの発表もありました!

梅雨入り初日から激しい雨だったので、今後の天気は一体どうなるのだろう…?と思いもしましたが、今日は一転し、朝から青空が広がっています(^^)/

 

気温もぐんぐん上昇し、最高気温は30度越え…。

雨上がりということで湿度も高く、蒸し暑い1日となりました。

 

病み上がりで、過ごしやすい気温の日が続いていた中での、急な30度越えの真夏日

体力的に、少ししんどい1日でした(-_-;)

 

皆さんも、熱中症など体調にはお気を付けください!!

 

 

遅れ芽とは

お茶の収穫を行った後は、「ナラシ」(正式名称:整枝)を行い、お茶の樹の表面をキレイに整えます。

 

と言うのも、お茶の収穫一回目(一番茶の収穫)を終えた後でも、残った葉っぱや収穫出来なかった小さな芽が伸びて来るのです。

この状態では、次に伸びて来る二番茶の芽は、バラバラに生長しますし、お茶自体も品質が悪くなってしまいます。

また、病気や害虫が多発してしまう事があるため、伸びた葉っぱや芽をカットし、キレイに整える必要があるのです。

 

ナラシを行った後の畑。

 

 

しかし、ナラシを行ったからと言って、万全ではないのです(>_<)

 

実は、ナラシの後に「遅れ芽」と言って、早く大きくなりすぎてしまう芽があるのです。

 

上の写真だけでは、少し分かりにくいと思うので、遅れ芽を赤い丸で囲んでみました。

赤い丸部分の芽だけが、大きくなり過ぎてしまっているのです。

 

他の芽は、葉っぱが1枚開きかけている、あるいは萌芽している状態ですが、この写真の遅れ芽は葉っぱが3枚も開いています。

このように、大きくなり過ぎてしまっている芽、他と比べて生長の早い芽のことを「遅れ芽」といい、品質の良いお茶を収穫するためには取り除く必要があるのです!

 

 

二番茶以降のお茶で問題に…

「遅れ芽」が問題となるのは、二番茶以降のお茶だけです。

上河内地区では、二番茶までしか収穫しないので、今回だけ特に注意する必要があるものになります。

 

一番茶は、気温が上がることで、お茶の芽が生長するスイッチが入り、大きくなります。そのため、生長のスピードが全く同じなのですが、二番茶以降はすでに暖かい状態であるため、「遅れ芽」が発生することがあるのです。

 

 

みる芽で収穫しているので…

一番茶の収穫方法によっても、「遅れ芽」の発生量は違います。

 

芽が若く柔らかい状態(静岡の方言で、”みる芽”と言ったりします)で収穫すれば、遅れ芽などの発生量は多く…。逆に、芽を大きく生長させた状態、がっしりとした芽を収穫すれば、遅れ芽の発生も少なくなります。

 

おかのや農園のある上河内地区では、みる芽で収穫することがほとんどなので、どうしても遅れ芽が発生しやすくなってしまうのです。

 

そのため、ナラシや肥料まき、病害虫の対策などを終えた後には、「遅れ芽」の除去を行います。

 

 

手で摘んだり、ハサミでカット

「遅れ芽」は手で摘んで取り除いたり、ハサミでカットして取り除いたりします。

 

二番茶として収穫する芽を、傷付けてしまったり、取り除いてしまうのはダメなので、お茶の芽をよく見て行うことがポイントです。

 

 

遅れ芽は、二番茶の芽と生長スピードが違うため、収穫時には葉っぱが硬い状態となってしまいます。収穫時に混入してしまうと、品質を悪くする原因となったりするので、事前に取り除いておくことが大切なのです(^^)/

 

1つ1つ、手作業で取り除き、茶畑をチェックしていく作業…。

集中力を維持し、熱中症なども予防するために、こまめに休憩をしながら行っています。