日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の一枚 20/05/09

こんにちは。

今日は昨夜11時から今朝6時半まで、夜間にお茶を揉む当番でしたので投稿が遅くなりました!

 

お茶のシーズンは睡眠時間が短く、体力的に大変な時もあるのですが、今まで行ってきた結果が表れる瞬間!!

何よりも、良いお茶を収穫し作っていくのは、非常の楽しいものです(^^♪

 

今日は雨が降っているため、お茶の収穫作業はお休みに…。

明日以降は天気が回復するため、シーズン終盤の残りの日々をしっかりと頑張っていきます。

 

朝露と新芽

この時期の茶畑には、びっしょりと濡れるほどの朝露が降ります。

朝露は、お茶の芽に適度な湿り気を与えてくれる存在で、天然の保湿パックのような存在となっていますね(^^)/

また、朝露がしっかりと降りるためには、昼夜の寒暖差が大きくなくてはいけません。

 

昼夜の寒暖差がしっかりとあること…。そして朝露が降りる環境では、お茶の芽が柔らかく繊細に育ってくれるのです!

 

ただし、朝露などで濡れた状態の茶葉を収穫する事は出来ません。

製造する時に悪い影響を及ぼすため、朝露や雨露はしっかりと乾かしてから収穫を始めます!

 

その再利用するのが『露払い機』という機械。

エンジンで風を起こすブロワーですね!

 

この機械でびっしょりと付いた朝露を吹き飛ばし、乾きやすくなるようにします(^^)/

 

ちなみに、朝露をしっかりと乾かすためには、お日さまの存在と風が重要です。

 

露払い機を使用しても、露を除去できるわけではありません。

あくまでも乾きやすくするためで、最終的にはお日さまの光や気温により乾いていきます。

 

暖かくお日さまの光がしっかりと届き、さらに風があると短時間で乾きますが、曇りの日は時間がかかってしまいますね…。