日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ブロッコリーの収穫

島田市内では昨日成人式があったのですが、昨日そして本日成人の日と良い天気が続いています!

 

心配していた土曜日の雨でしたがほとんど降ることなく、雪になることもなく道路の凍結などもなく、風も穏やかで少しポカポカとした陽気でした。

 

静岡県内、特に中部・西部地域で雪が降り積もったり道路が凍結すると大混乱になるので、そのような状況にならずひと安心でした(^^;)

 

しかしまとまった雨が降らなかったため空気はとても乾燥した状態ですし、水不足などにならないことを祈るのみです。

 

茎をザックリと切って収穫

種から育ててきたブロッコリーですが、今回の休み中にようやく収穫を行いました。

 

苗の植え付け後には台風の風の影響で倒れてしまったり、冬が深まるにつれ日当たりが悪くなり日照不足の状態にもなりました…。

 

そのため収穫までの時間は教科書的な物と比べるとだいぶかかってしまいました…。

しかし、時間がかかろうとも収穫は収穫!

 

この収穫の瞬間だけは、今までの結果が表れる瞬間であり嬉しいものです(^^♪

 

ブロッコリーの収穫に必要なのは、カマあるいは包丁、ナイフなどある程度の長さのある刃物が必要です。

 

 

ブロッコリーは茎が太い野菜でその茎の部分を切って収穫しなければなりません!

そのため包丁などの道具を使用するのが便利です。

 

頂花蕾の下部分に包丁などの刃物を当て、サクッと少し力を入れて横一文字に切ります。

頂花蕾(ちょうからい)…ブロッコリーの一番上にできる、一番大きな花蕾のことです

 

 

収穫するとこんな感じになります。

もうスーパーなどで見かける姿と全く同じですね。この状態に出来たら、ブロッコリーについている葉っぱを茎の付け根付近から切り落とし、食べる部分だけにします。

 

畑で、食べる部分のみの状態に調整することで、台所などで余分なゴミが出ないので楽です(^^)/

 

頂花蕾のあとは側花蕾…

ブロッコリーは頂花蕾を収穫した後は、側花蕾を楽しむことができます。

 

頂花蕾というのは、スーパーなどで見かける大きいサイズのブロッコリー…。

 

一方『側花蕾』というのは上の写真のように茎の所々から出てきている小さなブロッコリーのことです。

大きさは一口で食べれるほどのものがほどんとです。

 

そのようなブロッコリーが株によっては10個ほど出てきます!

 

大きさは小さくても、味は全く変わりません。

そのため「一番大きな頂花蕾を収穫したら終わり」ではなく、その後も側花蕾を楽しむことができます。