日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

摘花・摘蕾作業~美味しいソラマメを作るために~

今回は、花が咲き始めている「ソラマメ」の様子と、行っている手入れについて投稿します。

 

「ソラマメ」に花が咲き始めて、すでに半月以上の時間が過ぎています。

始めは2・3個しか見られなかった花ですが、今では咲き乱れるほどたくさんの花が咲いています(^^)/

茎の至る所で4~5個の花が咲いています。

 

育てている株は10株ほど…。1株につき10本近くの茎が伸びているのですが、遠くからでもはっきりと分かるほど、花が咲いている状態です。

 

 

「花がたくさん咲いたから、たくさん収穫出来そう!」

とも思ますが、実は咲いた花全てに実を付けてしまうと…

1個当たりの実が小さくなる

などの問題が発生してしまいます。

 

そこで必要になるのが『摘花(てきか)』あるいは『摘蕾(てきらい)』という作業になります(^^)/

 

 

摘花・摘蕾

摘花・摘蕾という言葉は、野菜を育てていても耳にすることが少ないかもしれません…。

 

しかし、それほど難しい意味を持っている訳でもないのです。

 

摘花(てきか)」は、”摘む””花”を書いてあります。その文字の通り、花を摘むこと…。

 

摘蕾(てきらい)」も同じく、”摘む””蕾(つぼみ)”ということで、つぼみを摘むことです!

 

 

ソラマメに咲いている花は、一か所につき4~5個の花が咲いています。

全てに実を付ければ、たくさんのマメを楽しむことが出来ますが、大きさが小さくなったり、味が悪くなったりすることも…。

 

1本の茎・1つの株に花はたくさん咲くので、咲いている花を少し減らしたほうが、美味しい実を楽しむことが出来ます(^^♪

 

そこで花や蕾を摘んで、一か所に咲いている花を少し減らしてあげます。

私は一か所につき2つ花を残すように摘んでいます。

 

 

確実に実が付くわけではありませんが…

花を一か所につき2つにしていますが、花が咲いたからと言って確実に実が生るわけではないのです!

 

実が小さなうちに、何らかの理由で落ちてしまったり、実その物が生らない場合も…。

そのため花が咲き終わって、小さな実が生ってから、数を少なくするのも良いかもしれません!この方法なら、確実に実を残せますしね(^^;)

 

また、花があまり咲かなかった場合は、花や蕾を摘んだりする必要はありません!

 

 

あくまでも花がたくさん咲いた場合、良い実を収穫したければ、行った方が良いかもしれません。