日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

「おおいわせ」の生長状態と使い方

お米には”コシヒカリ”や”あきたこまち””キヌヒカリ”など、様々な品種があります。果物のブドウやリンゴ、今が旬のイチゴも”紅ほっぺ”や”とちおとめ”など、同じ農作物でもたくさんの品種がありますね(^^)/

 

あまり一般的ではありませんが、実はお茶にもたくさんの品種があるのです!

最も多く作られている”やぶきた”花粉症に効果があるとされる”べにふうき”など、その数は数百種類にもなります。

 

たくさんの品種があると、どの品種を栽培するのか?どのように組み合わせるのか、判断がしにくくなります。

 

そこでお茶の品種は

早く収穫ができる「早生品種

基準的な「中生品種

遅い時期に収穫する「晩生品種

の3つに大きく分け紹介されることが多いです!

 

今回はその中の1つ「早生品種」である”おおいわせ”という茶の樹について投稿したいと思います。

 

 

僅かな面積で…

上河内地区で栽培しているお茶の品種は、そのほとんどが『やぶきた』という品種になります!『やぶきた』は最も有名で、最も多く栽培されているお茶の品種です。

 

お茶に加工したとき、その味と香りが優れているので、この品種を育てています。

 

他の品種を育てたこともありますが、上河内地区で育てるのには『やぶきた』が最も適していたのです(^^)/

 

どうしても、「やぶきた」以上の香りや味わいを出すことが出来ません…。上河内の環境は、「やぶきた」に適しているのではないかと思っています!

 

 

おかのや農園も、育てている品種の98%が「やぶきた」になります。

 

残りの2%は?というと、早生品種の「おおいわせ」と晩生品種の「おくひかり」を、僅かな面積ですが育てています。

 

 

早く芽が伸びてきます!

おおいわせ」は早生品種の1つ、ということで早く芽が伸びてきます。

 

遠くから見た「おおいわせ」の畑がこちら↓

畑の一部分が、他のところより黄緑色になっているのが分かると思います。

 

同じ緑色なので、もうちょっと分かりやすくしてみました。

白い枠で囲ってある部分が「おおいわせ」という品種になります。

こうしてみると「隣とほのかに色が違うなぁ~」と思いませんか…(^^;)

 

なぜ色が違って見えるのか…?

その理由は芽の大きさにあります(^^)/

 

「おおいわせ」の芽を撮影した写真がこちら↓

 

同じ時期の「やぶきた」の芽と比較してみます。

 

「やぶきた」は新芽が葉っぱの中に埋もれている状況なのに対して、「おおいわせ」はその姿をハッキリと見ることが出来ます!

 

葉っぱもすでに1枚開いていますね…。

 

この生長の差が、早生品種や中生・晩生品種の違いとなったり、畑の色合いがほのかに違う理由になります。

 

 

「おおいわせ」の用途

おかのや農園では「おおいわせ」という品種のお茶を、僅かですが育てています。しかし、このお茶は一切販売などを行っていません!

 

というのも、このお茶には別の用途があるのです(゚д゚)!

 

上河内地区、そしておかのや農園で育てているお茶は「やぶきた」がメイン。

その「やぶきた」よりも早く芽が大きくなり、収穫ができる「おおいわせ」は、工場でお茶を揉む一番最初に加工しています。

 

なぜ、一番最初に加工するのか?その理由は、工場の掃除と関係があります。

 

 

一番茶(新茶)づくりのシーズンになる前には、お茶を揉む工場を徹底して掃除します。半年以上工場は眠った状態…。少しホコリがたまっていたりすることがあるので、掃除は必要不可欠です。

 

徹底的に掃除を行うので、ゴミや汚れはほとんど残りません…。

ですが、細かな隙間に僅かに残ることも考えられます。そのため、100%キレイになったと、言い切ることは難しいと思います。

 

そこで、シーズン始めの最初の最初に、お茶を試しもみすることで、完全に除去!100%キレイな状態にしています。

 

また、実際にお茶を揉むことで、機械がちゃんと動くか?などをチェックしたり、揉み方の確認なども含めて、行っているのです(^^♪

 

安心して飲むことが出来るお茶を作るために、『安全』だと言い切れるお茶を作るためには欠かせません!

 

 

香りが良いお茶です

販売などは行っていない「おおいわせ」のお茶ですが、「やぶきた」の上河内茶と比較しても、負けず劣らずの良い香りがします。

 

そのため、決して何か劣っている品種ではありません!

 

しかし、上河内地区で栽培するのにはちょっと難しい問題も…。

 

おおいわせ」は、写真でも分かるように芽が大きくなる時期が早いです。それは、メリットにもなりますが、同時にリスクを背負うことにもなります。

 

上河内地区は、昼夜の寒暖差が大きい環境となっています。

そうなると怖いのが『霜害』(霜が降りることで、芽が枯れてしまう被害のことです)

 

霜の降りるリスクを考えた場合、上河内地区で栽培するのには覚悟が要ります。

 

 

また、「やぶきた」の上河内茶と比べると、やはり「やぶきた」の方が、味わいが良いです。

 

そのため上河内地区では、「おおいわせ」の魅力を前面に引き出すのは難しいので、盛んな栽培は行っていません。