日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

幼木に肥料まき

こんばんは!

昨日は立秋、すでに秋になりましたが今日も暑い…。

 

今朝もスカッとした快晴になり今日も気温が上がりそうな空模様。しかし、お昼頃になると厚い雲が広がる時間帯もあり、気温的にはいつもよりも2~3℃低くなりました!

 

ただ、雲が広がることもあり、湿度がかなり高い状態に…。

まとわりつくような暑さで、体力的にかなりキツイ1日となりました。

 

夜の間、雲が晴れてくれると放射冷却で少しは涼しくなると思うのですが、今夜はどうでしょうか…。

今のところ雲が空を覆っているため、蒸し暑い夜となりそうです。

 

寝ている間の熱中症もとても怖いので、寝る前にしっかりと水分を取るなどお気を付けください!

 

 

幼木の生長状況

今年の春に、小さなお茶の樹の苗を植えてから約5カ月…。

植え付けた幼木(植え付けて年数が経っていない樹のこと)は、春の少雨で一時的に葉っぱが枯れ落ちてしまいましたが、5月になると新芽を伸ばし始めました。

 

その後は、十分すぎるほどの雨が降り、順調に生長しています。

そんな現在の幼木の姿がこちら

5月頃に開いた葉っぱは濃い緑色になり、新しい芽もたくさん伸びています。

 

遠くから見るとこんな感じ…↓

お茶の樹がまだ小さいので大部分で土が見えていますが、お茶の樹が列状に植えられているのがよく分かると思います。

 

ちなみに、春の少雨により葉っぱが枯れ落ちてしまった時は、こんな状態でした

この時と比べると、一目瞭然ですね(^^)/

 

大人のお茶の樹と同じ大きさ、状態になるまでには、まだまだ時間がかかります。しかし、少しずつ確実に大きく生長しつつある幼木です!

 

 

こまめな肥料まき

幼木はまだ小さく、根っこが張っている範囲も狭いです。

そのため、大人のお茶の樹より肥料の量は少なくし、さらにこまめに肥料をあげています。

 

一度に肥料をまいてしまうと、途中で肥料が不足してしまう「肥料切れ」が発生し元気に芽を出すことが出来なくなったり、逆に肥料が効きすぎてしまい根っこなどにダメージが発生することがあります。

 

そこで、幼木に肥料をあげる時は、なるべくこまめに行うようにし、肥料切れや根っこへのダメージを防いでいるのです(^^)/

 

今回まいた肥料は粒状の化成肥料。

今のシーズンは盛んに根っこや新芽を伸ばす時期なので、効果が出るのが早く、まく量の調節がしやすい化成肥料を選択しています!

 

まく肥料は一旦バケツに入れ、手で肥料をつかみ、パラパラとお茶の樹の近くにまく方法で行いました。

お茶の樹に近すぎると、根っこにダメージがある場合があるのである程度離してまくのがポイントです。

大体、株元から10~20㎝ほどは離すようにしています。

 

 

雨が欲しい!

8月になってからは一切雨が降っていません。

雨が降らず、高温…。そして強い日差しもある。着々と土の中の水分は減少しつつあります。

 

しっかりと土づくりを行っているため、水不足でお茶の樹が枯れてしまうようなことは無いのですが、新しい芽の生長が遅くなったりすることはあります。

 

特に植え付けたばかりの幼木は、適度に雨が欲しい時期です(>_<)

 

すでに10日間以上雨が降っていないので、そろそろ雨が降って欲しい所…。

お盆で帰省したり遊びに行く方も多いと思いますが、農家的には近いうちにどうしても雨が降って欲しいです。

(申し訳ありません…m(_ _)m)