日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の一枚 20/6/18

おはようございます。

昨日はお昼前から雨が降り出し、今現在までシトシトと梅雨らしい雨が降り続いています。

 

そのため、昨日は雨が降り出す前までに収穫を終え、今日は雨の影響で収穫がお休みになるでしょう。

 

雨が降ったり、お茶の芽が濡れている状態では収穫は行いません。

上手く蒸すことが出来なかったり、製造面で影響が出てしまうため、濡れたお茶の芽や葉は収穫しないようにしているのです(^^)/

 

早く始めて正解…?

今年の二番茶は平年よりも早めに始まりました。

ちなみに昨年は20日から始まっています。

 

これは芽の生育が早かったこともありますし、天気が崩れる日が多くなりそうな予報だったので、今年の二番茶は早めに始めることになったのです。

 

シーズン初日を終えた時点では

「少し収穫量が少なくなるかな…」

と思っていたのですが芽が少しずつ大きくなり、昨日の時点では昨年と同じくらいの水準まで伸びてきています。

値段はかなり安いですが…(^^;)

 

もし昨年と同じ20日くらいから始めたのでは、逆に芽が大きくなり過ぎてしまい品質の良い物が作れなかったでしょう!

 

シーズンの始まりが遅れると芽の収穫もどんどん遅れてしまい適期に収穫が行えません。

少し早めに二番茶を始める判断をして良かったな…と思っています。

 

露払い

今日の一枚はこちら…。

露払いをしている光景です。

お茶の葉が朝露や雨で濡れていると収穫出来ないため『露払い機』で露を吹き飛ばし乾きやすくしています。

 

露を払いながら、草取りや遅れ芽の除去なども合わせて行っていきますね…(^^;)

その日確実に収穫する畑のみ露払いを行うようにしています。

 

朝露がない時はすぐに収穫を行うことが出来るのですが、朝露などでお茶の葉が濡れている時は露払いを行い、乾くまで待ってから収穫をしていくのです!