日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

今日の一枚 20/6/21

おはようございます。

昨日は二十四節気の1つ『夏至

 

1年で一番昼が長い1日となりますね。

お日さまの動きから見れば1年の折り返し地点と言えると思います。

 

今日から夜の時間が少しずつ長くなっていきますが、この変化を察知して枝豆やトウモロコシ・イネなどは沢山の花を咲かせたり、実を付けたりするようになるのです。

アサガオも夜が長くなるのを察知して花を咲かせるようになる…と言われていますね!

 

気温も高く雨も適度に降ってくれるこれからの時期…。

様々な植物が元気に生育する生命力あふれた季節となっていきます(^^)/

 

見れなかった部分日食

昨日は部分日食が全国的に観測できる日でしたね。

皆さんは見ることが出来たでしょうか?

 

上河内地区ではお昼を過ぎた頃から雲が多く出始め、夕方は厚い雲がお日さまを隠してしまったので見ることは出来ませんでした(^^;)

天候次第なので仕方ありませんね。

 

日食はテレビのニュースで楽しみました。

石垣島の映像はとても見ごたえがありましたね!

 

霧が連日発生

春から初夏は霧が発生しやすい季節。

そして雨がよく降る6月も、比較的霧が発生することが多いですね。

 

上河内の茶畑では連日霧が発生しています。

早朝の霧に包まれた茶畑は、何度見ても見飽きることがありません。

 

日の当たり方や風の吹き方で見える景色は刻一刻と変化していきます。

まさに「一期一会」の景色になるのです。

 

ちなみに霧はお日さまの光を適度に遮ってくれます。

また朝露や霧によりお茶の芽が濡れることで、お茶の芽には潤いが補給されて良い芽が育ってくれますね(^^)/

 

乾燥した年はパサついた芽になりやすいのですが、雨が適度に降ってくれること、そして朝露が降りたり霧が発生することでしっとりとした良い芽が育ってくれるのです。

 

シーズン終盤に…

二番茶シーズンはあと3日程度で終了すると思います。

シーズン終盤に突入したことになりますね!

 

地区内ではすでに収穫を終えた農家もいるため、収穫量のピークはすでに過ぎ去っていることに…。

 

今日は雨の影響で1日休みになると思います。

今年は早めに収穫を始めたので、余裕をもって収穫することが出来ていますね(^^♪

 

今後も焦らずに収穫作業を進めることが出来ます!

まだ芽が小さな畑も多いため、収穫適期まで待ってから収穫を進めていく事になるのです。