日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶のホイロ上げとまとめ

おはようございます。

昨日は上河内地区のお茶工場の掃除を行いホイロ上げとなりました。これにて2022年の一番茶づくりは完全に終了となります。

 

昨年よりも1日遅く始まり、2日早く終了。

正味11日間の一番茶でしたが、期間全体を通して良いお茶が作れたと思います。

 

今年の一番茶は4月の下旬から始まりましたが、約1週間ほどくもりや雨の日が続きました。

日照時間も短く芽は非常に柔らかい状態が長かったですね。

 

シーズン終盤になっても十分に粘り気を感じられたので、栄養分がしっかりと行き渡っている状態だと思いました。

 

晴れてきたのは5月になってから…。

ある程度は光を浴び芽が少し充実してきた方が香りが良くなるため、待ちに待った晴れでしたね。

 

もう少し収穫を遅らせても大丈夫だったとは思いますが、品質と収穫量共に申し分なしです!

 

収穫を焦ってしまった昨年よりも期間は短かったものの収穫量は増えました。

ただ前年に中切りをした畑は長雨の影響で病気が多発してしまったので、この点をしっかり管理できればさらに良かったと思います。

 

多少の反省点や改善点はありますが、今年は非常によい一番茶シーズンでした。

今後は肥料まきや裾刈り、ナラシや中切り・深刈り、草取りや防除など…。たくさんの管理作業を短い期間で行います。

 

二番茶の出来に直結する作業となるため、丁寧に作業をしていきたいと思います。