日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

テッポウユリ

先日スーパーで

サンマとマツタケを見かけました。

 

巨峰やピオーネなど

ブドウもたくさんの品種が陳列されるようになり

味覚でも秋が近づいていることを実感します。

 

初夏から夏本番にかけて

ユリの姿を見ることが多くなりますが

現在、家の近くでたくさんの

テッポウユリが咲いています。

 

 

やはり日照不足の影響か

例年よりも遅い開花になりました。

 

 

このテッポウユリ、毎年少しづつ増え

今では何本か密集して生えている所もあるほどです。

 

しかし

ごく狭い範囲にたくさん生えているものの

木の近くから生えた個体や

石の隙間に生えた個体など

多少の環境の違いがあります。

 

木の周りに生えたものは

光をよりたくさん受けるためか

160㎝ほどになっているユリも!

 

通常の場合は100㎝ほどになるらしいです。

実際、今回咲いたほとんどのユリも

100㎝前後なのですが、ごく数本

かなり高い位置に花を付けているユリがあります。

 

土の状態や日当たりなどいくつかの違いがあるのでしょうが

人から見れば大したことない環境の変化でも

植物側から見れば大きな変化になるのだと感じました。

 

 

さらに、ユリが生えている所の土は

決して良いとは言えません。

しかし、それでも

毎年きれいな花をつけることから

ユリの強さを実感します。

 

あと二週間ほどで彼岸入り。

彼岸花が咲く季節も間近ですね。