日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

あと2週間ほど

おはようございます!

今日は夕方以降

大荒れの天気となる予報なため

朝から雲が広がる空模様です。

 

上河内地区では現在、

順調にお茶の新芽が大きくなっています。

全体的に黄緑色になってきました。

 

山の高い所では、まだ山桜が

ちらほらと咲いている所もあります。

木々の新芽なども芽吹いているため

様々な色で溢れています(^^♪

 

長い時間見ていても見飽きません!

とても気持ちが良い光景です。

 

すでに黄緑色に見える畑がある一方、

新芽が小さく、まだ濃い緑色の畑もあります。

 

ちょっとした環境の違い、

日当たりや畑の向き、風の当たり方など

それらにより生長のスピードに差が出来ます。

 

平地では同じ品種を植えた場合、

生長スピードがほぼ同じになるため

収穫の適期が重なり大変なのですが、

山間地の場合は差が出るため

最適なタイミングで収穫を行えます。

 

機械化が難しく、体力的に大変

というデメリットもあるのですが、

ちゃんとメリットもあります!

 

上の2枚の写真は『おおいわせ』という

早く収穫できる品種(早生品種)です。

 

やはり『やぶきた』と違って

生長が早いです(゚д゚)!

上河内地区では一番大きくなっています。

 

しかし、県内の早場所

牧之原や磐田などの暖かい所では

上河内の『おおいわせ』以上に

大きく芽が生長しています。

 

間もなく県内各地で新茶が始まることでしょう。