日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

冷え込みの予報… 防霜ファンの設定温度を1℃アップ!

こんばんは!

今日の川根町上河内地区は、風が強く吹いた1日でした。

 

天気は晴れで、お日さまの光がしっかりと届いたのですが、風がほのかに冷たく強く吹いたことから、体感的には寒く感じましたね…(^^;)

 

体がふらつく様な突風が吹く時もあり、風の力強さを改めて実感した1日となりました。

 

気温が低下

今夜から数日間、最低気温が下がり冷え込む予報となっています。

 

これは、遅霜が降りる危険性が高い状態なのです!

上空に寒気が入り気温が低下、晴れて風が止むと、霜が降りる可能性が高まります。

 

新芽が伸びる時期この時期に、霜が降りてしまうと影響は甚大なものになるでしょう…。

冬の間の霜は問題ないのですが、新芽が伸びている時の霜はお茶の芽にとって大敵です!!

 

生育が抑えらえる程度なら良いのですが、もろに霜により凍ってしまうと伸びた新芽が枯れて死んでしまうのです(>_<)

 

そこで、お茶の芽を霜から守茶畑の扇風機『防霜ファン』の設定温度を、1℃だけ上げることにしました!

 

冷え込んだ場合、すぐにスイッチが入り稼働するようにしておくことで、もし霜が降りた場合の影響を回避あるいは最小限に止められるようにしておきます!

 

多分霜が降りることが無いと思うのですが、万が一のことを考えての実施になりますね(^^;)

 

今日から数日間は、ちょっとヒヤヒヤした夜を過ごすことになりそうです…。

 

あと1週間くらいかな…

川根地域でも収穫が早い地区では、今日から新茶の取引が始まったようです。

 

上河内地区でも、新茶シーズンにもう間もなく突入するでしょう(^^)/

今のところ順調に生育していますし、芽の状態もかなり良いです!!

早ければあと1週間程度で、新茶シーズンに突入するのではないかと思います。