日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ビミョーに違う茶畑の色の訳

おはようございます。

今日は朝からこの時期らしい青空が広がっています。気温は低く、濃い霧も発生。さらにスズムシやコオロギの鳴き声も大きく、より秋らしさを感じる朝です(^^♪

 

ただし、今日は天気が急変する可能性があるという事で、空模様や雷には気を付けて作業を進めて行きたいと思います。

 

 

ビミョーに違う茶畑の色

先日投稿したこちらの写真。

おかのや農園では一番手前に見える畑を管理。

それ以外の畑は地域内の他の農家さんが管理しているのですが、奥の茶畑の色がビミョーに違っているのが分かるでしょうか…?

 

分かりやすく囲ってみるとこの部分になります!

物凄い僅かな違いではありますが、僅かに緑色が薄いのが分かると思います。

 

これは一番茶後に行った更新作業が影響しているのです(^^)/

 

更新作業の1つ「中切り」を行うと通常の畑よりも芽の生育に違いが生まれます。その生育の差が僅かな色の違いとなって表れているのです。

 

物凄い僅かな差ではありますが、生育に差があるという事は管理作業も少し変える必要があります。僅かな生育の違いも見逃さず、適切な時期に適切な作業を行うことが非常に重要なのです。

 

「茶畑は緑色をしている」

そんなイメージが強いと思います。

実際に緑色ではあるのですが時期や管理作業により、同じ緑色でも僅かな違いが生まれるのです。