日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

草取りをボチボチ進めています

おはようございます。

 

今朝も冷え込みが厳しくなっていますね(^^;)

もう温風ヒーターなしでは朝起きるのがしんどいです…。

 

空気も乾燥してきているため、防寒対策だけでなく乾燥対策もしっかりと行わないとな…と思うこの頃になります。

 

 

草取り実施中

10月末で2020年に行う必要最低限のお茶の樹の管理は終了しました。

それ以降に行う作業が無い訳ではないのですが、かなりゆとりを持って作業を進めることが出来る時期になりますね。

 

11月からは主に「草取り」や「敷き草」を行って行きますが、ボチボチと作業を進めています(^^;)

この時期は草に種が出来ている物も多いです。

そのまま放置しておくと種が落ちて、より多くの草が生えてくる原因にもなってしまいます。

 

そのためこの時期の草取りは抜いた草を袋に入れて、畑外に持ち出すようにして草取りを行うようにしています!

種を畑に落とさないようにするための草取りになりますね(^^)/

多少はすでに種が落ちていたり作業時に落ちてしまう事もあるのですが、種が付いた草を畑外に持ち出すことで来年生えてくる草を少しでも減らすのが重要になりますね。

 

生育が盛んな時期の日に日に変化するお茶の樹を見ながら手入れをしていく忙しくとも充実した日々も良いですが、比較的余裕のある時期にボチボチと草取りなどを進めて行くのも気持ちが良くて個人的には好きです(^^♪