日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

霜柱の出来る朝

おはようございます。

 

昨日はとても風が強い1日となりました。

木も大きくしなり、午後からは風花も舞う冬らしい天気と風の吹き方でしたね(^^;)

 

花粉の飛散も始まっているので

「あまり木を揺らさないで!」

なんて思ったりもしてしまいます。

 

空気も乾燥しているため、体調管理や乾燥にはお気を付けてお過ごしください!

 

霜柱

風が吹かないと霜が降りやすくなります。

放射冷却により底冷えするようになるからでしょうか。

 

実際に気温が低くても風が吹いていると霜が降りていない事が多いですね(^^)/

 

最近は夜の間も若干風が吹いているため霜が降りず、お茶の木の葉っぱが白くなりません。

 

代わりにこちらが頻繁にみられるようになっています。

霜柱です(^^♪

今シーズンは雨が少なく、霜が降りる日でも霜柱が出来ないことが多々ありました。

 

乾燥傾向により土の表面の水分が少なくなったことで霜柱が出来なかったのでしょう!

 

 

しかし、1月下旬からは度々雨が降り霜柱が頻繁に出来るようになっています(^^)/

 

寒いですし靴の底から冷たさが伝わってきますが、霜柱の上を歩きサクサクとした音を聞くひと時はとても気持ちいいですね!

今日も春の肥料まきを行います!

順調に進めば今日で終える事が出来るので、ラストスパート頑張っていきたいと思います(^^)/