日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶草場にも春到来

昨日は1日を通して激しい雨に。

久しぶりに川の水が茶色く濁るほど増水しました。

 

また川底を石が転がっていく音なども聞こえてきたほどでしたね(^^;)

風も強く台風がやって来た時のような天気でした。

 

そういえば、昨年は台風の上陸が無かった年ですね。

台風シーズンはまだ半年ほど先の事になると思いますが、台風でなくとも激しい風雨になることもあるので、事前の対策や準備はしっかりと行いたいと改めて思いました。

 

 

おはようございます。

昨日の激しい雨から一転、今朝は清々しい青空が広がっています(^^)/

 

気温が少し下がると思っていましたが冷え込みは比較的穏やかでした。

今日も気温が上がりそう。雨が降った事もあり植物の生育がより進みそうですね!

 

そして茶畑周辺の茶草場にも春がやって来ています(^^♪

茶草場に春がやって来たことを告げる代表的な植物『ワラビ』と『スミレ』です。 

 

ワラビは生命力が強いので毎年春になると伸びてきますがスミレは草丈が低い植物です。

草を刈り、刈った草を集める事でスミレのような植物にも光が当たるようになりますね。

 

もし草刈りを行わないと草丈の高い植物ばかりになったり、ワラビのような繁殖力の強い植物ばかりになるため、草を刈って集める事が植物の多様性を守る事に繋がるのです(^^)/

他にもヨモギの芽が出てきているので草餅などを作ってみたくなりますし、フキの花が咲きチョウが蜜を集めにやって来ている姿を見る事も出来ますね。

 

今後は一気に新緑が美しい季節になっていくと思います。