日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

2021年の紅葉 寸又峡編

紅葉の名所として知られる寸又峡そして接岨峡。

接岨峡へは度々出掛ける事がありましたが、寸又峡に関しては今までに一度しか訪れたことがありません。

 

いつかは夢のつり橋まで行ってみたいと思っていましたが、なかなか踏ん切りがつかず…。

しかし今回思い切って行ってみる事にしました!

 

11月15日に行ってきた寸又峡や接岨峡の様子を写真を主体として2回に分けて投稿していきます。

 

今回は寸又峡に関してです。

 

寸又峡

寸又峡プロムナードコース。

f:id:ochagurashi:20211115160038j:plain

夢のつり橋に向かう途中に見える猿並橋。

 

f:id:ochagurashi:20211115160314j:plain

f:id:ochagurashi:20211115160324j:plain

つり橋を渡る前に…。

今回は9時過ぎに寸又峡へ到着するような行程で行ったので、待ち時間なしで渡ることが出来ました。

 

土日の日中になると待ち時間がかなり長くなるようです。

また、10時半を過ぎた頃から人気が一気に増えたように感じます。

 

f:id:ochagurashi:20211115160719j:plain

つり橋を振り返って。

 

f:id:ochagurashi:20211115160807j:plain

尾崎坂展望台より。

トイレや自販機もあるため休憩するのには最適でしょう!つり橋を渡った後の階段はマスクをしている事もあり息が上がります。

 

f:id:ochagurashi:20211115161028j:plain

f:id:ochagurashi:20211115161122j:plain

夢のつり橋の奥にある飛龍橋付近より。

 

つり橋も良かったですが、それ以上に深く大きい渓谷が色付いている姿は圧巻でした。