日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

そばの実の生り方

10月も中旬となり

田んぼが黄金色に輝く頃になりました。

 

早生品種か収穫が早く行えるように栽培している所では

すでに収穫が行われていますね。

 

私の家では親戚の方から

毎年玄米を購入しコイン精米機で精米

そのようにしてお米を食べています。

 

今年も先日,

新米を購入しに行ったばかりです。

 

 

そばの実り

そばはとても成長スピードが速いです。

 

お米は初夏に田植えを行い

秋に収穫なので苗づくりなども含めると

半年ほどあるいは半年以上の時間がかかると思います。

 

一方そばは

秋に種を蒔き同じく秋に収穫できます。

三か月もかからないかもしれません。

 

つい一か月前に開花し始めましたが

ここ最近は実が茶色や黒っぽくなり

熟してきたことを教えてくれます。

 

 

同じ株でも花の咲いた時期

あるいは授粉した時期…

さまざまな要因が絡んでくると思いますが

熟した実と白っぽい実が混在しています。

 

 

こちらは花と白い実が混在しています。

 

熟した実もあれば開花中の花もある

面白い作物です。

 

イネでは多少の熟し具合の差はあるでしょうが

さすがに収穫間近な状態なのに穂が出ている

ということはありませんしね。

生育段階がそろっているからこそ

黄金色の田んぼを見ることが出来るのだと思います。

 

ちなみにそばの収穫のタイミングは

熟した実が7割8割を超えたあたりだそうです。

 

そのためもう間もなく収穫できるでしょう。

あまり広い面積で栽培していないので

たくさんは収穫できないと思いますが

どれほどの収量があるか楽しみです。