日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

芋がら干し

昨日は冷たい雨が降り続きましたが

今日は朝から雲一つない青空が広がっています。

 

窓から入り込んでくる朝日を浴びながら

お茶を飲んでいると、とても気持ちが良いです。

 

しかし風がとても冷たい…。

冷たいだけでなく乾燥したような

冬の風が吹いています。

 

冷え込みと共に木々の色付きが進みますね。

 

県内では高い山がある北側から

紅葉の便りが届いている今日この頃ですが

紅葉もだんだんと海側にも下りてきました。

 

 

街のイチョウ並木も色付いています。

樹によって進み方が少し違いますが

青い空に黄色の葉と、まだ緑色の葉が

きれいに映えています。

 

乾燥中です

先日収穫をした八つ頭ですが

祖母が茎の部分の皮をむき

小屋の軒先に干していました。

 

 

この季節にしか見れない光景。

これを見ると今年も残りわずかだと感じます。

 

軒先にいくつもの束が干してあるのですが

実はひもで縛って束にしているのではありません。

 

 

この写真のように茎のみで縛ってあるのです。

 

これなら乾燥して茎が細くなっても

落ちてしまうこともないですし

ゴミも出ません。

 

ちなみに乾燥し終わったら

長いまま保存するのではなく

3~5㎝程に切り袋に入れておきます。

 

冬は穫れる食べ物が少なくなる季節ですが

芋がらのように干したり、

漬物のように漬けたりして保存することは

冬を乗り切るための知恵なのでしょうね。

 

今日は晴天。

風もあり、空気も乾燥もしていることから

しっかりと干せそうだなと感じます。