日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の実

今日はお茶の樹になる

茶の実について投稿しようと思います。

 

数日前に茶畑に落ちていた実を

何粒か拾ってきたのですが

お茶にはこのような実がなります。

 

 

大きさの比較のために

10円玉を横において撮影しました。

 

また

現在見えている茶色の皮を剥くと・・・

 

 

中身はこのようになっています。

 

栗の鬼皮と渋皮のような

二重の構造になっています。

 

ちなみに栗では鬼皮に当たる

その側の茶色い皮ですが、

ヒビが無いと非常に剥きにくく

とても硬い皮になっています。

 

身近な物に例えると、

ピスタチオの殻と同じような硬さです!

 

お茶はツバキ科の植物であるため

ツバキの種とも少し似ているでしょう。

 

また油を搾ることが出来る!

という共通点もあります。

 

お茶の油は主にオレイン酸が含まれているため

コレステロール値を下げる効果があるそうです。

 

また含まれている油の量は

種子の重量に対して20%ほどになります。

 

1kgあれば200gの

油を得ることが出来るということです!

 

お茶の実をたくさん集めれば

茶の実油を作ることも可能(^^)/

 

そのため今後、茶の実油作りにも

挑戦してみたいと思っています。