日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

小麦の出穂

こんばんは!

今日は4月下旬らしい

過ごしやすい天気となりました。

 

雨の後の晴れの日ということで

暑苦しい1日を想像していましたが

ほのかに涼しく、

屋外でも過ごしやすかったです。

 

今日から上河内地区では

一番茶の収穫・製造が始まりました。

1年で一番、地域が活気付く季節の到来です(^^)/

 

今日から数日間は

お茶の芽を手で摘む『手摘み』

このお茶のみの生産となります。

 

数日後、お茶の芽が大きくなるにつれ

機械を利用しての摘み取りも始まります。

 

しかし私は今年の一番茶は

ほとんど手伝えそうにありません…(-_-;)

学校のカリキュラムにより

5月上旬まで、ほとんど休みがないためです。

 

ちょっとでも時間や余裕があれば

手摘みや機械を持ったりと、

関わっていきたいものです!

 

ところで、

現在では手でお茶の芽を摘む『手摘み』は

ほとんど行われていません。

体力的にも大変で1日頑張っても

1人当たり20㌔摘むのが限界です…。

 

そのため手摘みのお茶は

現在では希少性のあるお茶となっています。

 

今日、収穫されたお茶は

今夜中に荒茶へと加工され

翌日に出荷されます。

 

果たしてどのように評価されるのか

今から楽しみです!

 

小麦の出穂が始まりました

ここ数日間は少し忙しかったため

家庭菜園の畑からは目を離していました。

 

するといつの間にか

小麦から穂が出ていたことに気が付きました!

あまりにも突然の事だったのでビックリです。

写真や映像では

見たことのある小麦の穂ですが

実際に自分の目で見るのは

今回が初めてです。

 

”穂が出ている”と気が付いたときは

とても嬉しく感じました(^^♪

 

あとは上手く実が入ってくれるかどうか…

無事収穫まで漕ぎ付けることができるか…

これからの季節は雨が多くなったり、

気温も上昇していくため

今までとは環境が変化していきます。

 

そのため出来る限り

見守っていきたいと思います。

 

 

ちなみに麦や稲から穂が出ることを

「出穂(しゅっすい)」と言います。

 

今まで葉や茎だけだった姿から

穂が出ることで、その姿は大きく変化します。