日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ナラシ前後の茶畑

一昨日で終了したナラシ作業。

地域内でも、ナラシ作業が終盤となっています。

 

5月は、収穫前の新芽が美しい茶畑…。

収穫後のちょっと黄緑色が濃くなった茶畑…。

ナラシ終了後の鮮やかな緑色の茶畑…。

日毎に茶畑の様子が違ってきますが、収穫やナラシなどの作業を行うことで、大きく3つの顔を見ることが出来る季節となります(^^)/

 

6月になると二番茶芽が萌芽し、再び新芽が美しい光景が広がるようになりますね!

 

ナラシ前後

写真の茶畑は、一番茶シーズン前半に手摘みで収穫を行った畑です。

遅れ芽は、早く収穫を行った畑ほど…そして、手摘みで行った畑ほどたくさん伸びて来る傾向があります。

一見、収穫していないような雰囲気になることもありますね…。

葉は十分に柔らかいため、お茶として加工しても良い物が出来るでしょう!

 

しかし、収穫は行わず刈り落とすことで、土への有機物の補給を行う事としています。

刈り落とした葉っぱは次第に分解され腐葉土となり、良い土づくりに繋がっていくのです(^^)/

 

ナラシ作業を終えた後がこちら…。

作業前の状態と比較すると、雰囲気が大きく違っていますね。

 

もちろん日の当たり方の違いなどはありますが、遅れ芽を刈り落とすことで輪郭がハッキリとしてくるような…。

何となくスッキリとした雰囲気に変わっていきますね。

 

現在のお茶の樹は、ナラシで残した葉っぱや茎が充実する季節。

そして、二番茶として伸びる芽が充実して来る季節です。

 

6月になると、二番茶芽の生育がまた一段と進んでいくでしょう!