日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ニンニク栽培 植え付け

こんにちは。

昨日から少しずつ涼しくなり

季節外れの暑さ、暖かさから

本格的な秋らしい気温となりました。

 

そろそろ暖房器具、

温風ヒーターやこたつの準備を進めていこうかな!

と思っている今日この頃です。

 

9月下旬からは秋に植え付けや種まきを行い

翌年春以降に収穫を行う野菜の栽培が始まります。

 

そのため土日のどちらかは

家庭菜園で栽培を行う

野菜の栽培準備を進めています。

家庭菜園で行うことが多いので

最近は家庭菜園の内容を主に投稿しています。

 

今回はニンニクです!

初めて栽培に挑戦するニンニク!

イメージ的に青森県など東北の方で

盛んに栽培されている印象を持っています。

 

家でニンニクを使用する、ということも少ないため

今まで栽培を行うことはありませんでしたが

どのように育っていくのか、とても興味があるため

栽培に挑戦してみることにしました(^^ゞ

冬の間に栽培する作物は少なく

家庭菜園の畑が空いている、という理由もあります。

 

今回栽培するニンニクは

スーパーなどでも販売されている

普通の大きさのニンニクと

ジャンボニンニクに挑戦します。

 

 

ニンニクは「種球(たねきゅう)」といって

実際に食べる部分によって増えていきます。

上の写真は今回栽培するニンニクです。

 

このような状態で

ネットなどに入れて販売されています。

ちなみにホームセンターで購入しました。

 

このように販売されているので

まずは外側の薄い皮をむき、

一片ごとにばらし植え付けの準備をしていきます。

 

薄皮をむいた状態が↑です。

このニンニクの種球も食べれそうですが

今回はこれを植え付けていきます。

 

ちなみに左側が普通の大きさのニンニク

右側がジャンボニンニクの種球です。

この時点ですでにジャンボニンニクの方が大きいです!

 

きれいにばらしたら傷んでいる物を取り除き

植え付けを行っていきます。

 

肥料をたっぷりと…

ニンニクは「肥料食い」ともいわれるほど

肥料がたっぷりと必要になります。

 

そのため植え付ける畑には事前に

肥料を多めにまいておきます。

牛ふん堆肥などを利用するのも良いな

と思いましたが、準備できなかったため

今回の栽培では魚の粕や菜種油の搾り粕などの

効果が長続きする

有機肥料を事前にまいておきました。

 

 

植え付けを行う前に種球をならべ

株の間隔をどれくらい離すのかを確認します。

間隔としては15㎝から20㎝ほどの

間を開けて植え付けを行います。

植え付けの深さは5㎝ほどの深さに…。

 

軽く土を押さえて、植え付け完了!

後は芽が土の中から出てくるのを待つだけです。

 

収穫までは半年以上の時間がかかります。

ゆっくり楽しみながら

育っていく姿を見守っていきたいと思います。