日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

サツマイモの収穫

こんばんは!

朝は明るくなるのが遅くなる一方で

夕方、日が沈むのは早くなり

夜の時間が日に日に長くなっているな

と感じている今日この頃です。

 

ついに日の出の時間も6時頃となり

布団から起きてきても、まだまだ周囲は薄暗い…

そんな季節になりつつあります。

 

私はいつも5時過ぎに起床しているのですが

朝の5時過ぎですと、完全に夜です!

外は暗いので起きても布団から出るのが大変です(^^;)

 

これからの季節は

朝、明るくなるのが遅いだけでなく

震えるような寒さになるため、余計に

布団から出るのが大変な季節になりますね。

1日休みの日は、

少し遅くまで寝てみたいところです。

 

秋の味覚!

秋に旬となる食べ物はたくさんありますね!

サンマやキノコ類、新米も出回ってきます。

 

そして秋に収穫、

冬にかけて食べたくなる旬の野菜といえば…

『サツマイモ』ではないでしょうか!

 

天ぷらにしても美味しいですし、

蒸かすだけのシンプルな調理で食べても

スイートポテトや大学芋のようにしても

美味しくいただける秋の味覚の代名詞だと思います。

 

そしてこれからの季節

街の中で移動しながら販売されていそうな「石焼き芋

焼き芋も美味しいですね!

 

ちなみに私はまだ

軽トラックなどで移動販売をしている石焼き芋屋さん

から石焼き芋を購入したことはありません…(>_<)

実際に見かけたりすることも、ほとんどないので

もし機会があれば食べてみたいものです。

 

サツマイモは土があまり肥えていなくても

(養分が少ない状態でも)

栽培を行うことができ、かつそれなりに収穫もできます!

 

病気や虫の被害も受けにくいので

比較的育てやすい野菜の一種でしょう。

ただし、ツルが広い範囲に伸びるので

ちょっと広めの面積が必要になると思います。

 

そして何よりもサツマイモは収穫が楽しいです!

土の中から大きなイモがゴロゴロと…。

土を少しずつ掘っていき、イモが出てきた瞬間は

とても嬉しく楽しいものです(^^♪

3株を育てましたが

収穫量はこれくらいです。

イモの数はそれほど多くはありませんが

1つ1つがとても大きい!

一番大きなイモは↑これほどの大きさでした。

スーパーなどでは、

なかなか見かけることもできないでしょう。

 

このように大きなイモを見ることができるのは

サツマイモを家庭菜園で育てることの

大きな魅力の1つだと思います。

 

収穫後はお日さまの光に当てて

しっかりと乾かします。

土も付いていますし、掘る時に付いた

小さな傷をしっかりと乾かさないと

カビや傷みの原因となってしまうので

収穫後に乾かすのが重要です。

 

イモ類は収穫直後はもちろん美味しいですが

しばらく保存しておくと「でんぷん」が「糖」に変化し

より甘く感じるようになるようです。

 

保存性が良い野菜なので

収穫直後の今の味をしっかりと覚えておき

2,3か月後にどのように変化しているのか

実際に体験してみたいと思います。