日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

秋ジャガ(ドラゴンレッド・農林一号)を収穫

おはようございます。

 

昨夜は比較的暖かく毛布を出した状態では暑くてなかなか寝付けませんでした…。

そのため寝不足の状態で寝坊もしてしまいました(^^;)

 

朝日が昇ってくるのが遅いので遅くまで寝ていたくなりますね…。

 

コロナの感染拡大も今後どうなっていくのか分からない状態。

漠然とした不安も感じるため、休日は家でお茶を飲んだりしながらゆっくりと過ごしていきたいと思います!

 

 

秋ジャガの収穫

ジャガイモは春から初夏にかけて育てる「春ジャガ」と晩夏から秋にかけて育てる「秋ジャガ」

一年で2回の栽培シーズンがあります。

 

今まで春ジャガの栽培は行っていたのですが、今年は出来が悪くあまり収穫出来ませんでした(>_<)

 

そこで秋ジャガの栽培を行ってみる事に!!

今まで秋ジャガの栽培はしたことがなかったので初めての挑戦です。

 

ただ、秋は台風などにより雨が多くなる季節でもあります。

植え付けた種イモが腐ってしまったり病気になってしまう可能性も高いため、種イモは大きな物でも丸ごと植え付けをするなど、秋ジャガならではの対策などもあり面白かったです(^^;)

 

秋ジャガは植え付けから収穫までは春ジャガよりも短いのもメリットの1つですね。

 

種イモの植え付け時期が遅くならないように…。

そして収穫も霜が本格的に降り始める前に行うなどする必要もありますね。

 

作業のタイミングはしっかりと計る必要はありましたが栽培自体は意外と楽で、無事に秋ジャガの収穫を行うことが出来ました!

こちらはメインで育てていた農林一号。

植え付け時期が少し遅くなってしまったため全体的に小粒。イモの量も少なめでしたね。

 

しかし、春ジャガよりも収穫量としては多いです!

 

そして面白そうだと思って育てた赤肉のジャガイモ…。

ドラゴンレッドが土の中から出てきた時は、イモの鮮やかさにとても驚きましたね!

またイモの量も多めで大きさも揃っているため、大成功と言える出来だと思っています(^^♪

 

 

ジャガイモは栽培期間が短く比較的育てやすい野菜です。

ほぼ確実に収穫できる野菜になると思いますし、品種も様々な物があるため違いを楽しむのも面白いですね。

 

来年の春ジャガシーズンも様々な物を育てて行きたいと思います!