日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

改植の準備

日曜日以降、

快晴の日が続いている静岡県島田市川根町。

 

一週間前までの曇り続きの天気から一転

きれいな青空が広がる日が続いています。

 

まさに秋晴れ!!

澄んだ空気と高い空…。

清々しくて気持ちの良い陽気が

眠気を誘う季節です(^^;)

 

しかし、朝晩の冷え込みは少しずつ厳しくなり

風も冷たい風が吹くようになりました。

日の当たる室内にいれば、

お昼寝とかをすればとても気持ちが良いだろうな

と感じている今日この頃です。

 

最近行っている茶畑の作業は

来年春に行う改植への準備です。

この畑で来年、改植を行います!

 

改植(かいしょく)とは

植えられている樹を扱ぎ、

新しい樹を植える作業です。

 

そのため改植を行うためには

植えられている茶の樹を扱ぐ必要があります。

 

この畑も夏までは、

緑色の茶の樹が植えられた畑でした。

 

しかし8月に機械を使用し、樹を扱ぎ

今では茶色く枯れた樹が山積みになり

土も見えれている状態です。

 

そして最近行っている作業は

この扱いだ茶の樹を燃やすなどして

土に戻していくことを行っています。

 

樹を扱いだ際に土の中に

残ってしまった根や枝も拾い集め

燃やしていきます。

 

これをしっかりと行わないと

木材を腐らせる菌が扱いだ茶の樹についてしまい

その菌がたくさん繁殖してしまうと

新しい茶の樹を植えても、上手く育たないのです。

 

また茶の樹はとても硬い樹なので

太い枝は土に混ぜても

分解されるまで時間がかかります。

土の中に残ってしまい、

苗を植える時に邪魔になったりするので

きちんと取り除くことが大切です。

 

しかし、しゃがんだり立ったり

腰をかがめての作業なので

特に足腰が疲れます(^_^;)

 

季節は秋本番!

スポーツの秋とも言いますし、筋トレだと思いながら

徐々に畑の準備を進めていきたいと思います。