日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶畑のビフォーアフター

木曜日の午後から行ってきた、お茶の苗の植え付けは、本日雨が降り出す前に終了することができました。ずっと中腰での作業だったので、足腰が辛いです(^_^;)

 

雨は午後3時を過ぎた辺りから降り始め、大地を潤しています。

本来であれば、苗を植え付けた後すぐに水をまいた方がいいのですが、スプリンクラーなど水をまく施設はありません…。そのため、雨の降る前に植え付けを行い、水やりは空からの恵みに任せています…。

 

今回の雨は、いつも以上に有難い雨です。

 

植え付け前の畑と植え付け後の畑

植え付け前の畑は、土がむき出し状態。何も生えていない畑でした(草はこまめに抜いていました)

P1040197.JPG

ほんの数か月前までは、お茶の樹が植えられていたのに、まっさらな状態です。

 

樹を扱ぎ、土を良く耕し、植え付けの準備を行い、長い冬を迎えました。

そして、2019年の3月…。春となり、気温が少し暖かくなったタイミングで、お茶の苗木が届き、数日間植える作業を行ってきました。

 

植え付けた後の畑はこちら

一直線に小さな苗木がならんでいます。

 

この小さな樹、1本1本が大きく生長していき、上河内のお茶、きれいな茶畑の景観を作り出していくのです。まさに、これから未来へと歩みを進めて行く、節目の光景でもあります。

 

 

今回植え付けを行ったお茶の樹は、2年間から3年間は芽や葉っぱを一切収穫をしないで、体を大きくさせていきます。初収穫を行うのは、早くても3年後あるいは4年後に…。

 

さらに、大人のお茶の樹と大きくなるまでは7~8年ほどの時間が必要にもなります。収穫量が安定するのも10年近い時間がかかるため、10年・20年先を見据えなければなりません。

 

そして、最長で40年~50年ほど、植え替えをしないで育てていきます。

 

 

私は今年成人を迎えました。20歳の年に植えたお茶の苗は、24歳の頃に初収穫を迎え、60歳~70歳になるまで育てていくことになるのです。

 

「10年先・20年先を見据えなければならない」と言いましたが、正直に言うと、60歳・70歳になる頃のことはちょっと想像できません(-_-;)

 

もしかしたらお茶を飲む文化そのものが、大きく変化している可能性も十分考えられます。異常気象や災害などで、栽培が行えなくなっているかもしれません…。

 

しかしそれでも、未来を信じてお茶づくりを続けて行きたいのです(^^)/

今年の一番茶(新茶)は、もう間もなく芽吹きます。未来に『絶対』はありませんが、今年も良いお茶をお届けできるように、来年も良いお茶が作れるように…と、努力と挑戦は続けて行きたいと思います。