日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ボルドー剤の散布

一番茶(新茶)が生長する前の作業で充実した日々を送っている今日この頃です。

雨上がりの良い天気の中、ちょっぴり冷たい風が吹く中『ボルドー』という農薬の散布を行っています。

 

今回は、この『ボルドー』という農薬や散布する理由について投稿していきたいと思います。

 

 

ボルドー剤とは…?

まず初めにボルドー剤について、簡単に説明したいと思います。

 

ボルドー剤は

・病原菌の侵入をガードする農薬(保護剤)

サプリメントとしての役割(微量要素の供給)

有機農業でも使用できる

効果が高く、価格は安い

・フランスのボルドー地方で誕生し、100年以上使用され続けている

などの特徴があります。

 

中でも『効果が高い』という点と『有機農業でも使用できる』という点が、最大の特徴であると思います。

 

 

散布する理由とメリット

では、ボルドー剤の特徴を基に、散布する理由とメリットについて説明していきます。

 

病原菌の侵入をガードする』というのは、例えるなら「マスク」のような役割になります。

インフルエンザや花粉の舞う季節になると、ウイルスや花粉を体内に侵入させないように「マスク」を付けたりしますね(^^)/

 

ボルドー』は、散布することで葉っぱの周りにくっつき、菌が体の中に侵入するのを防ぐ働きをするのです!

ちなみに”風邪薬”のように、風邪を治したり、辛さを和らげるような効果は持っていません。

 

今の季節は、気温が上がるとともに雨の降る日も増えています。そうなると、病気が発生しやすくなります。冬の寒さや強風などでストレスを受け、病気にかかりやすくもなっているので、守ってあげる必要があるのです!

 

 

また『サプリメントとしての役割』というのは、ボルドー剤の中には「カルシウム」などの微量要素と言われる成分が含まれています。

 

植物を育てる際に肥料を使用したりします。「窒素・リン酸・カリウム」の3つの成分がメインになるで、注目もされますが、他にも必要な成分はあります。

 

例えば「亜鉛ホウ素カルシウムマグネシウム…」などです。

これらの成分もとても重要で、足りなくなったりすると、葉っぱの色が白くなったり、まだら模様になることがあります(>_<)

 

人にとっても同じですね…。食生活が偏ったりすると、なんだか体調が悪いような…調子が出ないような…そんなときがあります。微量要素が不足すると、体調にも影響がでるのは、人も植物も同じです。

 

食生活や生活習慣に気を付けている方、サプリメントなどを摂取している方…。様々な方がいらっしゃると思いますが、健康に気を付けているという点については同じですね!

 

健康なお茶の樹を育てるためには、欠かせないこれらの成分…。『ボルドー剤』を散布することで、その不足を防ぐことができるため、お茶の樹が健康に育つためには欠かせません!

 

有機農業でも使用ができる農薬なので、環境に対しても優しい農薬です(^^♪

 

 

安全なお茶を作るために…

ボルドー剤の散布などは、安全なお茶を作るためには絶対に欠かせません!

 

「”無農薬”の方が安全じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は『有機農業や無農薬だから安全とは言えない』のです!!

 

 

お茶の場合は、基本的に収穫した葉っぱを洗ったりしません…。収穫後は、速やかにお茶へと加工していきます。(鹿児島県などでは、火山灰を洗い流す目的で洗浄することがあります)

 

そのため、虫や病気をちゃんと防がないと、これらがお茶に混入してしまう可能性が高まるのです(>_<)

 

正直そのようなお茶は、例えものすごい努力をして作ったとしても飲みたくありませんし、もちろん提供もしたくありません!

 

そのような事態を防ぐために、作ったお茶に影響がでない時期に農薬を散布したり、収穫前には新芽を確認するなど、異物が混入しないように徹底的に気を付けています(^^)/

 

 

また、農薬を使用しないことで、植物自体が虫や病気から身を守ろうと、虫よけの成分などを作り出したりもします。虫や病気の被害を受けると相当なストレスを受けます。人間でも、ストレスにより老化やガンの原因の1つとも言われる「活性酸素」が作られたりするので、植物にとっても悪影響があるかもしれません。

 

また、病気の原因となるカビの一種には発ガン性があるものもあります。これらが、発生したり混入する可能性は”0”とは言い切れません…。

 

必要最低限の農薬を、きちんと使用方法を守り使うことで、安全なお茶が作れると思っています。