日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の収穫準備

上河内地区で一番茶(新茶)の開始が、5月1日と決まってから一夜…。

5日ほど前から、お茶の収穫への準備は着々と進めています。

 

今回は、その準備の1つ、草取り・ゴミ拾いについて投稿したいと思います。

 

 

枯草・落ち葉の除去

上河内地区の茶畑は、山の傾斜に造られています。

そのため、お茶の樹が植えられていない斜面は、ススキなどの草が植えられています。

もし、土が見える状態…

裸の状態であれば、大雨が降ったときに、土が流れてしまったり、土砂崩れを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

そこで、土が流れてしまう事を防止するために「ススキ」を植えているのです(^^)/

 

また「ススキ」を植えることで、他にも…

・害虫を食べる益虫の住処になる

・枯れた草を茶畑に入れることで、土を豊かにする

などのメリットがあります。

 

斜面にススキを植えるのは、環境を守りながらお茶づくりを行う方法の1つとなるのです!

 

 

ただし、茶畑の近くにススキなどの草を植えた場合は、注意することもあります。

このように、ススキなどが植えられている斜面と茶畑が接している所では、枯れた草が茶の樹の上に飛ばされることも…(^^;)

 

冬の間は、強い風が吹き付けるため、枯れた草の一部が飛ばされてしまうのです。

また、周囲の山々から枯れ葉が飛ばされてくることもあります。

 

そこで、一番茶の収穫前に、茶の樹の上に飛ばされた枯草や落ち葉を、取り除く必要があります。

これが、収穫前の主な作業です!

 

枯草や落ち葉が混入するのは「異物混入

絶対に防がなければならないため、収穫シーズンに入る前と収穫直前にチェックを行っています。

 

そして収穫中も、混入がないように目配せをしています(^^)/

 

安全で安心して飲めるお茶を作るには、欠かせない作業です!

 

 

草取り

春になると伸びて来るのは、お茶の芽だけではありません…。

そこで、草取りも行っています。

 

その中で、お茶の収穫に影響が出るのが「わらび」などの草(^^;)

山菜としても食べることが出来る「わらび」ですが、こちらも収穫したお茶に混じると異物混入となるので、事前に取り除いています。

 

ススキなどの草を植えている斜面と接している茶畑では、茶の樹の中からも「わらび」が生えてくることがあります。

 

「わらび」は地下の根っこが広がることで、株が増えて行きます。

 

このようにススキなどが生えている斜面には、「わらび」などの山菜も生えてくることがあります。

すると、根っこで増えてくる「わらび」が、どうしても茶畑の中に侵入してしまうのです(^^;)

 

ただ、お茶の生長には全く影響がありませんし、生えてくるのも斜面と接している所のみ!

 

比較的、取り除きやすい草なので、楽に草取りが行えます(^^)/

 

 

もちろん、春になって伸びて来る草は「わらび」だけではありません。

背の高い、収穫時に混入しそうな草たちは、事前にしっかりと取り除きます。

 

枯草・落ち葉を取り除くことと草取りは、収穫前から直前にかけて行う大切な作業です!

 

順調に生長したお茶の芽…。

決して品質を落とさないように、細かな作業も徹底して行っています。