日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

『やぶきた』にまつわる話

お茶の品種の中でもっとも有名であり

最も栽培、製造されている品種である

『やぶきた』

 

『やぶきた』は今年で誕生から110年となります!

 

杉山彦三郎氏

『やぶきた』という品種は

杉山 彦三郎氏が発見、育成した品種です。

 

杉山氏は現在の静岡県静岡市出身で

茶の栽培、製造を仕事とするなか

同時に品種改良にも力を入れていた方です。

 

茶園を造るため藪(やぶ)を切り開き

その茶園の北側で発見、育成されたのが

『やぶきた』という品種!

藪の北で発見されたから”やぶきた”と言うのです(^^)/

 

ちなみに「やぶみなみ」という品種もあったそうですが

この品種は定着しなかったため

現在では「やぶみなみ、という品種もあった」と

話で聞く程度です…。

どのような品種であったのか、とても気にはなります。

 

お茶の品種改良

お茶の樹は基本的に芽や葉を収穫しますが

植物なので花も咲きますし、実も付きます。

 

昔は茶の樹に生った”種”を土に蒔き

お茶の樹を増やしていたのですが

種で増やすと問題が1つ発生します。

それは種、株ごとに特徴が異なることです。

 

葉の品質はもちろん違いますし

大きさや形、色も僅かに異なります。

また、芽を出すスピードや時期もことなります。

隣り合っているお茶の樹でも

片方は早く芽が伸び収穫が行えるのに対し

もう片方は収穫が遅くなってしまう…

ということが起きてしまうのです。

 

そこで同じ特徴を持ったお茶の樹を

増やす方法として行われるようになったのが

「挿し木」です。

 

増やしたいお茶の樹の枝を土に挿すのですが

時期、土などの条件を整えると

一か月から二か月ほどで根っこができます!

 

このような方法を行うと

同じ特徴を持ったお茶の樹を

増やすことができるのです(^^)/

 

つまり今の『やぶきた』という品種は

110年前に杉山氏が作った

一株の『やぶきた』から増やされたもので

この一株がなければ『やぶきた』は

存在していなかったのです。

 

種を蒔き育てたお茶の樹の中から

品質が良いものを選び出し、挿し木で増やす。

大まかですが、現在でもこの方法で

お茶の新しい品種を開発しようと

研究が進められています。

 

最高の品種!

『やぶきた』という品種は

香り、味がとても良く

収穫量もそれなりに採ることができ

栽培も行いやすい最高の品種です!

 

日本全国の茶園面積では約7割ほどを占め

静岡県に限定すると『やぶきた』の面積は

9割以上ほどにもなります。

 

高速道路や新幹線から見える茶畑は

ほぼ『やぶきた』だと言えるでしょう!

 

岡埜谷農園、上河内地域でも

『やぶきた』が最も盛んに栽培されています。

上河内地域の土、気温、

日照などの環境とも相性がよく

香り、味が良いお茶を作る事ができるからです。

 

他の品種を試しに導入したこともあるのですが

上手く育たなかったり、収穫が行えても

『やぶきた』を超える品質のお茶とはならないため

岡埜谷農園では茶畑の95%で

『やぶきた』を育てています。

 

お茶の樹も様々な品種があり、

品種ごとに特徴がありますが野菜や果物と違い

お茶は葉を生のまま食べたりはしません。

 

揉み、熱を加え乾燥させるなどして

人の手によって加工され、初めて消費されます。

そのため品種よりも加工方法、栽培された地域・環境

これらによる違いが、大きな個性を生んでいます。

 

『上河内茶』に最も適した品種は「やぶきた」

そのため上河内地区、そして岡埜谷農園では

この品種が最も盛んに栽培されているのです。

 

今シーズン、お茶の樹の植え替えを行うのですが

今まで栽培していた品種も『やぶきた』で

新しく植える品種も『やぶきた』です。

 

『やぶきた』がなければ、杉山氏がいなければ

”上河内のお茶”を作ることはできません。

杉山氏、『やぶきた』という存在には

本当に感謝あるのみですm(_ _)m