日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

タマネギの生育状況

昨日、そして今日は

久しぶりに青空が広がった一日となりました。

 

晴れるようになった分、放射冷却により

朝方の気温はグッと下がり

冷え込むようになりました。

日中も初冬らしい寒さとなっています。

 

急に冷え込みが厳しくなったので

体調を崩さないように、

温かいお茶をたくさん飲んで過ごしたいです!

 

そして冷え込みが厳しくなるとともに

紅葉の色付きもスピードアップしています。

モミジは真っ赤に色づいている葉もあれば

まだ緑色の葉も付いている状態ですが

来週くらいには見ごろになりそうです。

 

ちなみに紅葉の名所として知られる『寸又峡

こちらはすでに見ごろを迎えているそうで

葉が落ち始めたりする段階になりつつあります。

今週末までが見ごろになるでは、と思います。

 

しかし、寸又峡の紅葉が終わりになると

今度は川根地域が紅葉のピークとなります。

大井川鉄道のSLに乗りながら

川根路の山々の色付きを楽しむのも

面白いだろうな、と思います。

 

上河内地区では山の色付きが進んできたため

来週後半から月末にかけて、

キレイに見えそうです(^^♪

 

植え付け間近・・・

前回はブロッコリーの生育状況を投稿しましたが

今回は種から育てているタマネギの状況を

投稿したいと思います。

 

芽が土の中から出た直後は

消しゴムを使った時に出る”ケシカス”

これを彷彿させる細さと柔らかさ、

弾力を持っていました。

芽が出てからある程度大きくなるまでの

生育初期段階の生長スピードは、とてもゆっくりで

なかなか大きくなりませんでした。

 

種のまき方、土づくりに失敗してしまったのかな

と思う日もありました…(-_-;)

が、今ではこれほどの大きさになりました!

タマネギらしさはまだありませんが、

ネギらしい感じはすでにハッキリとしています。

ワケギっぽい感じですね。

 

ちなみに

この状態でもきちんとネギの香りがします。

 

タマネギが密集して生えている部分では

お互いに押し合っている状態になっているので

スクスク、伸びやかに生長できるよう

小さい物や細い物を取り除くのです。

このような作業は『間引き』というのですが

種から野菜を育てる場合は

大体どんな野菜でもこの作業を行います。

 

タマネギを間引く際、葉や茎が折れてしまうと

フワッと断面からネギの香りがしてきます。

間引いたものは捨ててしまわずに

味噌汁などに入れて食べるのも良いですね!

 

このような栽培途中で間引き、

捨てられてしまうような物を食べれるのも

家庭菜園の魅力の1つでしょう(^^)/

 

ちなみに今現在のタマネギは

すじ状に密集して生えていますが

これから一旦掘り起こし、植え直していきます。

 

掘り起こすまでは苗づくりの段階、

そして苗づくりが終わると

食べる部分を太く、大きくするための段階となります。

 

お互いに葉がぶつからないように

ある程度の間隔を空けて植え付け

収穫へ向けての作業開始です!!

 

しかし、この苗づくりの段階が難しい…。

できれば、もう少し太く育てたかった、

というのが本音です。

 

納得のいく苗が作れるようになるまでには

まだまだ時間がかかりそうです。

 

今週末は天気も不安定、時間の確保も難しいので

もう一週間ほど育ててから

苗の植え付けを行っていきたいと思います。