日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ブロッコリー栽培 収穫へカウントダウン開始!

昨日、7日は二十四節気の1つ「大雪」でした。暦の上では寒さが強まり、平地にも雪が降り始める頃、とさています。その節気の通り、昨日以降は朝晩の冷え込みが厳しくなり、乾燥した冷たい風が吹きつける、そんな日が続いています。

 

ニュースを見ても本日、初雪そして初冠雪を記録した地域もあるとのことで、やはり二十四節気は季節を語る上では欠かせないな、と実感します。特に自然に密着した産業である農業は、季節の移り変わりや天候に敏感です。野菜の種まきなど、二十四節気で判断し行うこともあります。

 

そして「大雪」を迎えたということは、次の二十四節気冬至」まで残り僅かになったということ。一年で一番昼の時間が短い”冬至”、お日さまの動きで見れば、冬至で一年が終わりまた新たな年が始まる、そんな一日でもあるのです。

 

ブロッコリーの赤ちゃん誕生!

気温が30度にもなることがあった、まだ暑い頃に植え付けを行ったブロッコリー。台風で倒れたこともありました…(>_<)

しかし、その後は順調に生長し、気が付けば気温は12~15度ほどまでしか上がらない季節になりました。

 

そして先日、ブロッコリーの様子を久しぶりに観察すると、葉っぱに埋もれるように、小さなブロッコリーの姿を確認しました!

まだまだ小さいですが、見た目は完全なブロッコリー。これからさらに大きくなっていき、最終的には10~15㎝ほどの大きさになるそうです。ちなみに収穫のタイミングも、10~15㎝ほどになったタイミングです!

 

どれほどの大きさまで生長するか、その点に関してはまだまだ分かりませんが、ブロッコリーの赤ちゃんができたので、確実に収穫は行えそうです!

どこまで大きく生長するのか、収穫を迎えるのが一層楽しみになりました(^^♪

 

頂花蕾

ブロッコリーは、一体どこの部分を食べているのだろうか?ちょっと疑問に思う時期もありました。色は緑色なので葉っぱの一部?でも見た目は丸いから実の部分?

トマトやナスであれば確実に実だと分かりますし、ほうれん草のような葉であれば、葉の部分を食べているのだとわかります。しかしブロッコリーは、ほかの野菜とはちょっと違った、独特な見た目をしていますね!

 

結論から言うと、ブロッコリーは蕾(つぼみ)を食べています。小さな粒々は全部、蕾です!一つはとても小さな蕾ですが、それがいくつも集まってブロッコリーになっているのです。

ちなみに専門用語的には、この蕾の集まりのことを「花蕾(からい)」と言います(^^)/

 

食べている部分は蕾。そのため、ほったらかしにして置くと、黄色い小さな花が咲きます。ほのかに甘い香りもするキレイな花です。

 

そして私たちが普段スーパーで見かけるような、小さな木のような見た目のブロッコリーは「頂花蕾(ちょうからい)」と言います。

ちょうからい”とパソコンに打ち変換すると”超辛い”が真っ先に出てきます。音だけを聞いた場合も頭に浮かぶ文字は”超辛い”…(^^;)

読み方は同じですが、ブロッコリーは”超辛い”わけではないのでご安心を…!

 

さて、本題に戻り「頂花蕾」ですが、「花蕾」が頂点つまりてっぺんにできるから「頂」という文字が付き、「頂花蕾」となっています。

では、頂点でない部分の物は…?というと、「頂花蕾」に対して「側花蕾(そくからい)」と言います。

 

ブロッコリーは「頂花蕾」を収穫した後は、太い茎の部分からいくつもの「側花蕾」が出てきます。大きさは一口サイズほどの小さい物ですが、味に変わりはありません!

しかし、スーパーなどで見かけるのは「頂花蕾」がほとんど…。「頂花蕾」だけでなく「側花蕾」も楽しめるのは、家庭菜園でブロッコリーを栽培する特典です。