日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

雪化粧した富士山…

寒い日が続いていますね…。静岡県内では極まれにしか雪は降りませんが、南アルプスや富士山は違います。

 

特に富士山は1年間のうち、半分以上は雪が被った状態に…。

個人的には夏の富士山より、冬の雪が被った富士山の方がキレイに感じます(^^♪

 

12月も折り返しを過ぎた現在、富士山にはだいぶ雪が被った状態になり、快晴の日・霞の少ない日はその姿を遠くからでも見ることができます!

 

牧之原公園から…

冬の季節は快晴になりやすく、空気も澄むようになります。すると、遠くからでも富士山の姿をはっきりと見ることができるため、富士山を眺める季節には適しています。※少し寒いですが…(^_^;)

 

その姿は牧之原台地にある「富士山静岡空港」からも快晴であればバッチリです!

 

夏時期は曇っていたり、霞んでいたりで、きれいな富士山を見ることができない日が多いのですが、冬時期は空気が澄んでいるため”富士山”と名が付く通り、飛行機と富士山のある光景を楽しめます(^^♪

 

島田市金谷にある『牧之原公園』からも、島田市内から焼津の方まで…、大井川や遠くには駿河湾伊豆半島そして南アルプスと共に、富士山の姿を見ることができます。

 

 

夕方にスマホで撮影しました。一眼レフがあれば、もっとキレイに撮れたはず…(>_<)

 

公園内ではこの景色を撮影している方もチラホラいました。

 

牧之原公園のすぐ近くには、お茶に関する展示やお土産物類の販売をしている『お茶の都ミュージアム』もあります。

 

もし訪れた際には、徒歩でほんの数分。すぐ近くの所に公園があるので、良く晴れた日であれば、ぜひ訪れてみてください!