日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶畑と桜と富士山と栄西禅師…

こんばんは!

久しぶりの雨となった今日。雨は8時過ぎには上がり、天気は徐々に回復しました。

 

気温もかなり上がるかな…?と思っていたのですが、20度少々とこの時期らしい暖かさに!

風が強く吹いていたので、体感温度的には少し肌寒く感じる時間帯もありました。

 

金曜日から日曜日にかけては、季節外れの暖かさになり、今日は強風が吹き、桜の花は徐々に散り始めています(-_-)

 

開花から満開までは、かなり時間がかかりました。しかし満開から散り始めまでは、あっという間なような気がします。

散りゆく桜も、またきれいなものですね(^^♪

 

今日は少し遅くなりましたが、数日前に訪れた『牧之原公園』近くからの景色を投稿したいと思います。

 

 

富士山をバックに…

『牧之原公園』は、「茶の都ミュージアム」のすぐ近くにある小さな公園です。

 

牧之原台地の上にあるので、景色は抜群!

島田市街ははっきり見えますし、東側の藤枝市焼津市も見えるほどです。そして空気が澄んでいれば、富士山や駿河湾伊豆半島も望めます(^^)/

※この写真は昨年の今と同じ時期に、『牧之原公園』から島田市街を撮影した物です。

 

 

数日前、なぜ牧之原の方へ出掛けたのか…というと、お茶の様子を見に行っていました(^^;)

川根町上河内地区は、牧之原の茶畑と比べると2週間ほど生長に差があります。牧之原台地の茶畑の方が、早く新芽が大きくなり収穫もできるため、どんな様子か見に行ったのです!

 

その際撮影した写真がこちら↓

富士山をバックに牧之原公園の桜、栄西禅師の像、そして茶畑…。

静岡県らしい富士山と茶畑に、春の代表「桜」も合わさって、なかなかキレイでした(^^♪

 

そして気になっていた茶畑は…?というと、

遠目でも芽がツクツクしているのが分かるほどで、やはり2週間ほど”生長が早いなぁ”と改めて実感しました。

 

ちなみに昨年は、すでに桜は完全に散ってしまい葉桜に…。茶畑も1枚目の写真のような状態になっていました。

 

 

栄西禅師とは…?

牧之原公園の像は『栄西禅師』という方の像になります。

栄西禅師』は「喫茶養生記(きっさようじょうき)」という本を書き、日本にお茶の文化を広めたり、お茶の効能などを知らせた人物です。

 

そのため『栄西禅師』がいなければ、日本人とお茶の関係は、もしかしたら今とは違った形になっていたかもしれません…。

静岡県はお茶の産地なので、このようなお茶にまつわる偉人の像などが、設置されている場所も所々にあります)

 

 

ちなみに『栄西禅師』ですが、『栄西』という名前の読み方には主に2通りあります…。

 

ひとつは「えいさい

このパソコンでの変換も、「えいさい」と入力すると一発で変換できました!インターネット上でも「えいさい」と紹介しているものが多いように感じます。

 

もうひとつは「ようさい

NPO法人日本茶インストラクター協会では、「ようさい」という読みで紹介され、この読みが正しいとされているようです。

 

サイトによっては「えいさい・よいさい」両方の読みを載せているものもありますね!

 

 

牧之原台地の茶畑は新芽が伸び、すでに黄緑色に変化している所もあります。茶畑が1年で最も美しくなる時期の到来です!

 

栄西禅師』が現代の茶畑やお茶の作り方、お茶のとの付き合い方を見たら、一体何を思うのでしょうか…。