日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

4月上旬 お茶の芽の生長状況

おはようございます!

今日は久しぶりに雨が降りました。夜明け前から雨が降る音がしたので、数時間は降り続いたものだと思います!

 

8時になると雨も弱まり、徐々に明るくなってきたので、今日も良い天気となりそうです。

 

最近は雨があまり降らず、平年と比べてもかなり少ない状況です…(-_-;)

この時期に降る雨は、お茶の芽の生長には重要なので、適度に雨は降って欲しいものです。

 

晴天続きと乾燥が続いていたので、今回の雨が良いお湿りとなってくれそうです(^^♪

お茶の芽もより一層、大きくなっていくと思います。

 

今回は、1週間ぶりにお茶の芽の生長状況を投稿したいと思います。

(写真は日曜日に撮影した物です)

 

 

ゆっくり生長

4月の上旬のお茶の芽はこちらです。

まだまだ小さいですが、茎の所々から黄緑色の小さなお茶の芽がツクツクとしています!

 

1週間前は…?というとこの状態↓

こちらの写真と比べると、芽の大きさにはあまり変化がないように見えます…。(撮影した場所は違いますが、生長の程度は同じくらいです)

 

 

というのも、先週前半はずっと気温が低い日が続いていました。

最高気温も15度程度、最低気温は0度近くまで下がる日が多かったので、生長のスピードがゆっくりになったと思います。

 

 

気温に左右

お茶の芽の生長は気温に左右されます。

温暖で、季節外れの暖かさが続けば、どんどん大きく生長していきますし、芽の出る時期も早くなります。

 

逆に寒かったり、昼夜の寒暖差が大きいと、芽が出てくる時期・成長のスピード共に遅くなるのです(^^)/

 

今年の傾向は、萌芽(芽の出てくるタイミング)は早かったです!

今年の冬は弾道傾向で、3月の中旬や下旬も気温の高い日が多かったので、早くなったのだと思います。

 

 

しかし、3月末から4月上旬にかけては、気温が下がりました!

季節外れの強い寒気…ということで、桜と雪がコラボレーションした地域もありますね…(^^;)

 

お茶の芽は気温に左右されます。特に芽が小さなうちは、気温が高ければグングン生長しますし、逆に低ければゆっくりペースになります。

 

そのため、1週間前とくらべて大きな変化は起きていないのです。

 

 

雨も降って、晴れて、気温も上がって…

今日は久しぶりに雨が降りました。

今後の天気を見ても、晴れたり雨が降ったりを繰り返しそうですし、気温も高い日(氷点下近くになる日はなさそう)が続きそうです。

 

今後は天候にも恵まれそうなので、確実に大きく生長していきそうです!

順調に生長すれば、1週間後のお茶の芽は「確実に大きくなっている!」と分かるほど、大きくなるのではないかと思います。

 

ゆっくり育って良いお茶に…

萌芽してからの生長スピードはゆっくり。

しかし、お茶の芽がゆっくり育つことはデメリットにはなりません。

 

じっくり・ゆっくり育つことで、栄養分は貯えらえたまま…薄くて柔らかい繊細なお茶の芽、香りのよいお茶の芽に育ちます。

 

川根町上河内地区は、山に囲まれているので気温が低く、昼夜の寒暖差も大きいです。芽がゆっくり育つため、どうしても一番茶(新茶)の収穫は、周辺の地域や牧之原などと比べると遅くなってしまいます。

 

しかし、香りの良いお茶を作るためには最適な環境です(^^)/

まだまだ、小さいお茶の芽ですが、しっかりと生長を見守っていきたいと思います。