日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

抹茶や番茶、玉露… 煎茶以外の緑茶について

日本の緑茶「日本茶」の代表格、最も身近なお茶は『煎茶』だと思いますが、『煎茶』以外にもまだまだたくさんのお茶が日本にはあります!

 

日本文化の象徴の一つである『抹茶』や『玉露』・『番茶』などなど、個性豊かな様々なお茶について、今回は投稿したいと思います。

 

抹茶とは何なのか?

現在、需要が徐々に減少しつつある日本茶の中で、急激に消費量が伸びているお茶が『抹茶』です。

しかし『抹茶』とは何なのか?その定義は浸透していません。

 

粉状のお茶である『抹茶』ですが。”ただお茶を粉にすればいい”という訳ではありません。あくまでも、抹茶とは碾茶(てんちゃ)を石臼で挽き粉状にしたお茶のことです。

 

では、碾茶とは一体何なのか?という問題になるのですが、このお茶は栽培方法と製造方法、それぞれに特徴があります。

 

栽培方法の特徴としては、お茶の葉を収穫する前に”寒冷紗(黒い布状のもの)”などで畑全体、あるいはお茶の樹に覆いをして、お日さまの光が当たらないようにします。この作業を被覆(ひふく)というのですが、2週間以上行ってから収穫をします。

 

被覆をすると、お茶の葉は濃い緑色になり、うま味や甘味の成分が多いお茶に育ちます。また、覆い香(おおいか)といって”青のり”のような香りもするようになります。

 

このお茶の葉を収穫し、ごく短い時間で蒸し、碾茶炉(てんちゃろ)という機械などを使用し、製造されます。

製造工程では、一切揉む工程がなく、日本茶の中で、唯一揉まずに製造されるお茶です。

 

そのお茶を石臼などで挽くと、ようやく抹茶となります!

 

最初から『抹茶』というお茶があるわけではありません。一度『碾茶』というお茶を通して、よくやく『抹茶』が誕生します。

 

日本茶最高峰の玉露(ぎょくろ)

日本茶の中で最も高級とされるお茶である『玉露このお茶は、抹茶(碾茶)と栽培方法では共通点があります。

 

碾茶と同じく、畑に覆いをして栽培されるお茶です。

違うのは製造方法!『玉露』では『煎茶(浅蒸し・普通蒸し煎茶)』と同じ製造方法・工程にて作られます。

 

うま味や甘味を強く感じるお茶である『玉露

人によってはそのお茶の味を「出汁を飲んでいるよう」と表現する方もいます!

 

玉露は強いうま味を楽しむお茶なので、人肌くらいのお湯でじっくりと淹れて、少量のお茶を楽しみます(^^)/

 

玉露に近い風味、かぶせ茶

『かぶせ茶』は玉露よりも覆いをする期間が短いお茶です。煎茶に玉露の風味を持たせたような、この2種類のお茶の中間点にあるようなお茶です。

 

玉露は低温のお湯で淹れるのに対し、かぶせ茶は高温のお湯で淹れることもできるため、『熱湯玉露』という別名もあります。

 

低価格のお茶、番茶

番茶(ばんちゃ)は、一番茶や二番茶を収穫した後に、樹の表面を均すために刈った葉や芽を加工したもの。

秋から冬にかけて行う刈ナラシなどの時に収穫したものなど、収穫時期は色々です。

 

比較的低価格のお茶でカテキンがたっぷり含まれた、心地よい苦味を感じるさっぱりとしたお茶です。

 

ペットボトルのお茶の原料として使われることもあります。

 

この番茶には日本各地で様々な文化があり、製造方法をはじめとした作り方から楽しみ方まで、色々なお茶があります。

 

そのため、一言で『番茶』とまとめてしまうのは、ちょっと難しいです…(>_<)

 

蒸し製・釜炒り製の玉緑茶(たまりょくちゃ)

『玉緑茶』はあまり聞いたことがないお茶だと思います。『玉緑茶』よりも『釜炒り茶』の方が一般的かもしれません。

 

『玉緑茶』は製造方法に特徴があるお茶で、茶葉の見た目がエビのように丸まっている、グリっとした形状であるため『グリ茶』とも言われています。

 

この玉緑茶(グリ茶)は、製造方法でさらに2つに、蒸し製の物と釜炒り製の物の2種類があります。

 

煎茶などと同じように、生のお茶の葉を蒸して加工するものが蒸し製。

 

釜で炒って加工するものは釜炒り製になります。日本茶の中で唯一、釜で炒るお茶なので、『釜炒り製玉緑茶』のことを『釜炒り茶』ということもあります。

 

個人的に『玉緑茶』はまだ飲んだことも、作っている所を見たこともないです。機会があれば、直接産地に行き、勉強をしたいと思っています!

 

日本茶の世界は奥が深い!

日本茶の種類は多いです。同じ製法で作られたお茶であっても、生葉の収穫時期、お茶の品種、栽培している産地、これらの違いによって、それぞれ個性が違った物になります。

 

さらにさらに、同じ商品であってもお湯の温度や茶葉の量、抽出時間、淹れ方を変えれば違った味を楽しめます!

 

お茶の楽しみ方や味は、無限の可能性があるものだと思います。

奥が深い日本茶の・お茶の世界。思い思いの楽しみ方で、お茶のある暮らしを満喫して頂きたいところです(^^♪