日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

冬から春へ…植物が見せる春の姿

静岡県は相変わらず、晴れと乾燥が続いています。

 

雨は約一か月間の間にほんの1㎜2㎜ほどの降水量しかなく、静岡県の県庁所在地である静岡市を流れる一級河川「安倍川」では、瀬切れが発生しています。

 

瀬切れというのは、川に水が流れていない、海と川が繋がっていない状態のことなのですが、河口から5kmほどの間で水が流れていないそうです。

 

そのため安倍川に架かる橋、例えば東名高速道路や国道一号線、JR東海道線東海道新幹線などからは、水が流れていない安倍川の姿を見ることになります。

 

幸い、飲み水などへの影響は出ていない状態なのですが、同じような乾燥が夏に発生してしまうと、農作物などへ大きな被害が出てしまっていたかもしれません。

 

まだ、しばらくの間は雨が降りそうにない静岡県内…。そろそろ、まとまった雨が欲しい所です(>_<)

 

寒くも春の気配…

先日は二十四節気の1つ『大寒(だいかん)』

 

大きいに寒いと書くだけあって、1年で一番寒い頃となります。川根町上河内地区も、連日最低気温は氷点下になり、水たまりなどが凍っているのをよく見るようになりました。

 

 

ただ、静岡県は日本の中でも温暖な地域…。低低気温が氷点下になることはあっても、最高気温が氷点下になることは、標高の高い山に登らない限り、ありません(^^;)

 

 

乾燥と寒さが厳しい日が続いていますが、日が暮れる時間が少しずつ遅くなったりと、季節が進んでいる気配は感じます。

 

そして空だけでなく、地面からも春の気配を感じるようになりつつあります(^^)/

地面からちょこっと、芽を出しているのは『スイセン』の芽です!

 

毎年、大寒を過ぎた頃になると、徐々に芽が出てきているのを見るようになります。

 

 

春の訪れを感じさせる花の1つ『スイセン』ですが、その葉っぱには毒が…。

 

スイセン』は『ニラ』と葉の形や色合いが似ているので、間違って食べたりしないように注意してください!

 

 

ちなみに『スイセン』ですが、温暖な静岡県内…伊豆の下田の方では、すでにスイセンの花が咲き、見頃になっている所もあるようです!!

 

そして、梅の花もチラホラと咲き始めました!

まだまだ、つぼみの状態のものが多いのですが、枝の所々にはこのように咲いている物も…。

 

つぼみの状態のものもだいぶ膨らんできているため、近いうちに見ごろとなりそうです。

 

 

1月も残り1週間ほど…。2月になれば、梅や寒桜が見ごろの季節になりますし、学校なども卒業間近になり新生活の準備も進めて行く、季節だけでなく生活面でも春に移り変わっていきますね!

 

大寒』は冬の最後の二十四節気

そして、次はいよいよ『立春』春の到来です!

 

まだまだ寒さは続きそうですが、季節は確実に移り変わるもの…。

 

ちゃんと春を迎えることができるように、ちゃんと準備をしていきたいと思う今日この頃です。