日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

寒の入りと春の気配

2021年が始まってもう5日が経過しました。

昨日あるいは今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか…。

 

ニュースを見ると新型コロナウイルスの感染拡大ばかりで、このままの状態で日常を動かしていいものなのか…という思いにもなってしまいます。

 

漠然とした不安も感じますが不安に飲まれてしまうのもダメだと思うので、しっかりと情報収集を行い自分に出来る対策は徹底することを心掛けたいと思います。

 

 

今日から寒の入り

今日は二十四節気の1つ『小寒』です。

夏至の後に暑さのピークがやって来るように、冬至を過ぎれば少しずつ昼の時間が長くなっていきますが寒さのピークは遅れてやって来ますね(^^;)

 

寒さのピークの始まりを告げるのが「小寒」という訳です。

これから1月下旬の「大寒」そして2月の上旬頃にかけて寒さ厳しい日が続いていく事になります。

 

 

すでに寒さが厳しい日もありましたが、季節的にはまだ暖かくなるまでに時間が必要になりますね。

 

しかし、春の気配も少しずつ漂いつつあるのも事実です!

 

 

梅の蕾

本格的な春を迎えれば桜が見ごろとなりますし、春を代表する花と言えば「桜」が真っ先に頭に浮かぶでしょう。

 

ただ春を告げる花としては梅などの花を思い浮かべますね(^^)/

梅の花が咲くのは気温的にはまだ寒さを感じるころ…。

しかし、季節が春へ向かいつつあることを真っ先に告げてくれる花ではないでしょうか(^^;)

 

梅の花が咲くのはもう少し先になりますし、まだまだ寒い日も続きます。

それでも春の気配を感じる光景も楽しむことが出来るこの頃です。