日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ブロッコリー栽培 側花蕾の収穫

乾いた県内にようやく雨が降った1日となりました!

からしぶしぶと降っていた小雨は、お昼過ぎからは断続的な雨となり、本当に久しぶりのまとまった雨になりました。

 

土も十分湿り、植物にとっても恵みの雨となっただろうなと、思います!

 

しかし、この雨は日付が変わる頃には上がり、その後気温が下がる予報になっています。そのため、翌朝の道路の凍結などには、十分注意しなければいけないですね…(^^;)

 

冷え込み予報がある一方で、来週は3月並みの気温になる日もあるそうなので、徐々に春に向かっていくのかな、と思う今日この頃です。

 

 

立春はもう間もなく…。今年の夏時期、栽培に挑戦する野菜を、そろそろ決めて行こうと思います。

 

しかし、今日は昨年の秋から栽培を続けている「ブロッコリー」その側花蕾について投稿したいと思います。

 

一口サイズのブロッコリーたち

ブロッコリーは、スーパーなどで販売されているような大きなサイズの物(頂花蕾)の収穫が主となりますが、収穫したらそれで終わり…とはなりません!

 

側花蕾と言って、小さなサイズのブロッコリーをいくつも収穫することができます(^^)/

 

メインとなるのは、このような頂花蕾ですが、収穫後の茎からは…。

 

収穫直後、小さなブロッコリーが出ていますが、しばらく時間が経つと

 

このように、小さなブロッコリーがいくつもできます!

 

大きさは一口サイズで、お弁当のおかずとしても利用しやすいかな…と思います。

 

もちろん、小さいからと言って”美味しくない”ということは無いので、美味しく食べることができます(^^♪

 

 

このような小さなブロッコリー(側花蕾)は、まずスーパーなどでは販売されていないので、家庭菜園ならではの楽しみであると思います。

 

ちなみに、この側花蕾を収穫し終えたら、ブロッコリー栽培は終わりにしています。まだ、茎や葉が残っていますが、抜いて畑の肥やしにしていきます。

 

ブロッコリー栽培のススメ

ブロッコリーは虫の少ない寒い季節に栽培できること、病気の発生も少ないことから、育てやすい野菜の1つです!

 

そのため、家庭菜園などで秋から冬にかけて栽培する野菜の1つとして、取り入れてみるのも良いかもしれません。畑だけでなく、プランターなどでの栽培もしやすいと思います!