日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

霜と茶畑

こんばんは!

今日は節分、明日は立春ということで、暦の上ではいよいよ春が訪れる季節になりましたね!ただ、まだまだ寒い日も続いていますが…(^^;)

 

今日の上河内地区の天気は、朝からお昼までは快晴でその後は雲が広がるようになり、夕方から現在までは雨が降り続いています。

 

雨がほとんど降らなかった先月と比べて、今月は天気予報を見ても傘マークがいくつかあるため、雨不足の心配はしなくてすみそうです!

 

春を迎えるにあたって、お茶づくり。茶畑の作業も本格的に始まりました!!

 

今日は肥料(春肥)を茶畑にまくお仕事をしたのですが、これについては次回に投稿し、今回は霜が降りた茶畑の写真を投稿したいと思います。

 

冬から春にかけて見ることができる霜が降りた茶畑…。今朝は強く霜が降りたため、緑色の茶畑が白っぽくなりました!

 

 

霜は

・気温が低い

・天気が良い(雲がない空模様)

・風が吹いていない

この3つの条件が整うと発生しやすいです。

 

今朝は、風も吹いていなかったですし、雲一つない快晴で気温も低かったため、このように辺り一面白くなるほどの霜となりました…。

 

寒さに強い状態となっている、休眠中のお茶の樹に霜が降りても、お茶の樹はへっちゃらです(^^)/

 

ただし、あくまでも休眠中だけ…。新芽が伸びる季節(3月下旬)にこのような霜が降りてしまうと、お茶の新芽は枯れてしまいます(>_<)

 

そのため、一面白くなった茶畑を見て「キレイだな」と思えるのは今の時期だけ!!3月頃になると、「霜が降りませんように…!」と祈る日々が続きます。

 

 

今シーズンは暖冬傾向なのか、このように一面が白くなるほどの霜は、例年に比べて少ないです。

 

お日さまの光が当たり始めると融けてしまう霜。朝早くから短時間しか見ることのできない、寒い中でしか見ることができない、冬ならではの光景です!