日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

2月中旬の茶畑

2月の上旬から始めた春の肥料まき(春肥)の1回目が、今日で終了しました!

 

土日しか行うことが出来なかったため、開始から2週間ほど経過していますが、実際に肥料をまいたのは”正味4日”です。雨が降ったりして行えなかった日もありましたが、順調に行うことが出来ました。

 

一番茶(新茶)の収穫までに行うことは、あと「ナラシ」と肥料ふり(春肥の2回目と芽出し肥)この3つが主なお仕事になります!

 

今回行ってきたのは、春肥の1回目になります。一度に肥料をまいてしまうと、お茶の樹の根を痛めたりする原因にもなりますし、適切な時期に行うこともできません。

 

そのため、上河内地区では春にまく肥料は2回に分けて行っています。ちなみに、2回目の春の肥料まきは2月の末から3月上旬にかけて行う予定です。

 

2回目ではどのような肥料をまくのか、また2回目の肥料の目的などは、2回目の肥料まきの時に投稿していきたいと思います(^^)/

2月中旬、現在の茶畑は、まだ大きな変化はありません。

しかし、少しずつ僅かに新芽は膨らみ始めています。

 

毎日見ていても分からないほどの変化ですが、それでも確実に春へと、初夏へと、芽を伸ばす準備を始めているのです。

 

花粉が終われば…

写真の奥側に見える山の斜面の樹は『スギ』です。

不鮮明な写真ですが、樹の色がほのかにオレンジや赤っぽく見えませんか?

 

実は、花粉がたっぷりついているから、オレンジがかっていたり赤っぽく見えるのです…(>_<)

 

花粉症のある人には、実に辛い季節の到来になりますね…。私自身も花粉症なので、この時期だけは樹々に囲まれているのが嫌になります。

 

すでに花粉の飛散は始まっているので、今後1か月ほどは辛い期間となりそうです。

 

ただ、花粉のピークが終われば、山の木々も茶畑も、少しずつ鮮やかな黄緑色へと変化していきます。

 

鮮やかで眩しくさえ感じる、1年で一番茶畑がキレイに見える季節も、もう間もなく到来…。暖かさが増すにつれ、新茶の季節も近づいてきます!