日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

2月の作業と3月の作業

気が付けば季節は3月に…。

卒業式のニュースを見ると、別れと出会いの季節が到来したことを実感します。

 

お茶の樹を育てるために、最近は主に肥料をまくお仕事をしていますが、2月の作業内容と3月の作業内容をまとめてみました。

 

 

2月の作業

まずは、2月に行った主な作業から…。

 

2月中はまだ気温が低く、お茶の樹は目立って生長はしていません。

しかし、日照時間が長くなったり、僅かに気温が上昇したことをお茶の樹は察知します!

 

目には見えない、土の中に広がる根っこでは、新しい根を伸ばし始めているのです。

 

また、新芽も僅かながら膨らみ始める季節でもあります。

 

そんな中、2月に行う作業としては

肥料まき

化粧刈り

防霜ファンの点検

などになります。

 

肥料まきは、名前の通り肥料をお茶の樹にあげる作業。

化粧刈りは、茶の樹の表面をキレイに整える作業。

防霜ファンの点検は、萌芽から新芽の収穫までの間、霜からお茶の新芽を守る設備の点検となります。

 

すべて、一番茶(新茶)の収穫へ向けた準備になります。

 

 

3月の作業予定

では、これから…。3月に行う作業としては、

 

肥料まき

お茶の苗の植え付け

などを予定しています。

 

肥料まきは、一度に肥料をまいてしまうと、お茶の樹にダメージを与えてしまうため、生長段階に合わせて分けながら行っています。

 

こちらは、2月に引き続き一番茶の収穫・その後の生育に対しての準備となります。

 

そして『お茶の苗の植え付け』は、今後同じお茶の樹を数十年に亘って栽培を続けていくため、頻繁には行わないものの、大切な作業になります。

 

どのような品種のお茶の樹を植えるのか、畝の形や幅はどのくらいにするのか…?

10年先あるいは20年先を見据えながら、品種や植え方などの決定をしていきます。

 

 

3月上旬、本日行うのは、引き続き春の肥料まき(2回目)です。

それでは、今日も美味しいお茶を作れるように頑張っていきます。