日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

春の肥料2回目

おはようございます。

昨日は1日を通して冷たい雨が降った天気となりました。ここまで、まとまった雨が降ったのは、今年になって初めてのことです。

 

一雨降るごとに季節が1つ進んでいるように感じる今日この頃。

いよいよ、平成も残り2か月、新元号の発表も1か月後となりましたね!

 

平成生まれの私にとって年号が変わるというのは初めての経験…。そして、二十歳の年に改元を迎えるということで、何かと節目の1年になりそうです。

 

 

今後の天候は、気温の高い日が続くということもあり、今年の一番茶(新茶)の収穫・製造は全国的に早くなりそうな傾向があります。

 

今年の上河内地区の一番茶(新茶)は、平成に収穫製造した物(4月中)と新元号になってから収穫した物(5月)が作られることになりそうです。

 

約2か月後に迫った一番茶(新茶)の収穫に向けて、現在は2回目の春の肥料を施しています。

 

 

2回目の肥料

春肥(春にまく肥料)は、2月上旬と2月下旬から3月上旬にかけての2回に分けて行います。

 

なぜ、2回に分ける必要があるのか?

それは『根へのダメージを回避する』ことが、一番の理由です。

 

春肥は”有機質肥料”がメインの肥料となっています。有機質肥料は、長い期間に亘って効果が続く肥料なのですが、成分の含有量(肥料に含まれている肥料成分の量)が少ないです。

 

例えば、お茶の栽培では重要となる肥料成分『窒素』で「5㎏分」施したい場合は…

有機質肥料は100㎏ほど(窒素含有量5%の場合)

・化成肥料は12.5㎏尿素など:窒素含有量40%の場合)

と、有機質肥料を使用する場合は、たくさん施す必要があります。一般的に、有機質肥料の成分の量は10%以下の物がほとんどです。

 

たとえ有機質肥料を100㎏まいたとしても、決して多過ぎではありません!逆に、有機質肥料にこだわった栽培をする場合は、たくさんの量を施す必要があるのです。

 

 

2回に分ける必要性

では、なぜ春の肥料を2回に分ける必要があるのか…?ということですが、有機質肥料をメインにしているからです。

 

有機質肥料を使用する場合は、たくさんの量を施す必要性があります。化成肥料と比較すると圧倒的に量は多いです。

 

もし1回の肥料まきで春の肥料を施した場合、大量の肥料が根元に施されることになります。すると、根や茶の樹自体にダメージを与えてしまう可能性が…(-_-;)

 

例えるなら、一気飲みを強要しているようなものです…。

 

そこで、ダメージを回避するために2回に分けて行っているのです。

手間はかかりますが、有機質肥料をメインで使用する場合は、この手間をかける必要性があるのです。

 

 

有機質肥料メインにこだわる理由

お茶の肥料として有機質肥料を使用した場合、お茶の品質が良くなると言われています。

 

化成肥料をメインにすれば、肥料まきの回数が減り手間も減ります。肥料にかけるコストも下げることが出来ますし、臭いなどを気にする必要もなくなります。

 

でも、あくまでも有機質肥料をメインにしているのには『品質の良いお茶を作る』というモットーがあるからです!

 

ただし、有機質肥料だけでは肥料分に偏りができてしまうため、化成肥料も使用しています。

 

適した量を適した時期に、最適な物を肥料としてまく!この点を意識してお茶づくりを行っています。

 

 

2回目の肥料はどんな肥料?

今回まいているのは、2回目の春の肥料。

前回1回目の肥料は100%有機質の肥料で、長い期間に亘って効果が続くことを目的としています。

 

2回目の肥料も、ほとんど同じ目的を持っています。少し違うのは、今回の肥料は有機肥料と化学肥料をブレンドしてあるということ(合肥、といいます)です。

 

マグネシウムという微量要素、有機質肥料だけでは不足してしまう肥料分を補うために、ブレンドしてあります。割合としては有機質肥料が70%です。

 

白い粒々が化成肥料ですね…。それ以外の部分は、魚粕(ぎょかす)という有機質肥料がメインになっています。

 

 

魚粕(ぎょかす)という肥料は、『魚』という文字が含まれているように、魚の”あら”や骨を利用した物です。

見た目は、「ふりかけ」っぽいですね…(^^;)

 

触った感じとしては、しっとりとしていて、粉っぽいのが特徴です。また、ちょっと臭いもします。

 

 

最近は、昼夜の寒暖差が大きく、霧がよく発生します。

ちょっぴり幻想的で静かな朝霧に包まれながら、2回目の肥料まきを行っていきます。