日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ぶどうの涙

突然ですが『ぶどうの涙という言葉は知っていますか?

「ぶどう」は、果物の「ぶどう」のことですが、『ぶどうの涙』とは樹の生理現象の1つです。

 

ちなみに、大泉洋さん主演の「ぶどうのなみだ」という映画もありますが、映画の名前から付いたわけではありません!

 

(ぶどうは、趣味の1つとして育てています)

 

「水あげ」の開始!

ほとんどの植物は、寒い冬の間は”休眠”状態となっています。

1年中緑色の葉っぱを付けているお茶の樹でも、冬の間は休眠をしているのです。

 

具体的にどのような状態なのか…?というと、

芽や根を伸ばさなくなる

養分、水分をあまり吸収しなくなる

このような、状態になっています。

 

葉っぱが冬になると落ちる樹は分かりやすいですね!

葉っぱがなければ、水はほとんど必要ないですし、寒い間は芽を伸ばしていません。茶色い幹や枝が見えるだけです。

 

 

休眠状態で寒さ厳しい冬を過ごした木々は、気温が暖かくなると、芽を膨らませたり、新芽を伸ばし始めるようになります。

 

その前段階、芽が膨らむ季節になると、これらの木々は盛んに水を吸い上げるようになるのです。これを『水あげ水あげ期』などと、言ったりもします。

 

そして、その様子を表しているのが『ぶどうの涙』となるのです。

枝の切り口に水滴が付いています。雨粒や露と勘違いしそうですが、この水滴は「ぶどう」の樹が地面から吸い上げたものです。

 

土に含まれている水を根っこが吸収。根から枝へと送られ、枝の上部まで水があげられているのです。

 

 

まるで「涙を流している」そんな感じもしますね(^_^;)

そこから『ぶどうの涙』と、表現されているのではないでしょうか…。

 

気温が上がると水を吸収するようになり、水が吸収されるようになると、芽も徐々に膨らみ始めます。

 

春に新芽を伸ばすために、1つずつステップを踏んでいるようです。ゆっくり、でも確実に春へと向かいつつあります。