日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

芽出し肥をまいています!

こんばんは。

今日は1日を通して、雲が広がった天気となりました…。気温は屋外へ出ても寒くは感じない程度の程よい暖かさに、時より吹く風はちょっぴり冷たく感じました(^^;)

 

西日本を中心に雨となったので、その影響なのかな?と思います。

今にも雨が降り始めそうな…そんな時間帯もありましたが、この記事を書いている段階では、雨は降っていません。

 

明日以降は、かなり気温が上がりそうなので、桜の蕾やお茶の芽は、より一層膨らんでいきそうです(^^♪

 

そんな中、今日から『芽出し肥』を畑にまいていく作業を始めました!

 

まきやすい肥料!

芽出し肥』についての説明は、昨日投稿した内容になります。

一体どのような肥料なのか…?

 

その見た目はこちら↓

灰色で粒々している肥料です!

何となく、水槽とかにいれる砂利を彷彿させるような、大きさと形をしています。

 

表面はツルツルではなく、細かい穴がたくさん開いているのか、ザラザラとしています。あと、見た目よりも軽いです(^^)/

 

このような粒々の肥料は、茶畑に肥料をまいていく時に、とても楽な物になります!

粉状の肥料では、強い風が吹くと舞ってしまったり、道具から上手く出てこなかったりするのですが、粒状の肥料は全く問題ありません。

この写真は以前撮影した物ですが、肥料をまく時は、このリュックのような物を使用してまいていきます。

 

粉状の肥料では、緑色のパイプとリュックが繋がっている部分で、肥料が詰まったり、上手く出てこない時があるのです(^^;)

 

 

粒状の肥料では、サラサラとしているため詰まったりすることは、まずありません!まいた量も確認しやすいので、体力的には変わりませんが、精神的にはとても楽です(^^♪

 

袋のデザインが好きです!

今回の『芽出し肥』を含めて、肥料は1袋当たり20㎏入っています。そして、袋の材質は様々…。

 

2枚目の写真のように、紙っぽい無地の袋の物もありますし、ビニールの袋に入った肥料もあります。

 

そんな肥料ですが、私は今回まいている『芽出し肥』の袋、そのデザインが好きです。

今回まいている肥料は『てんめ』という名前です。

「天に向かって!芽がまっすぐに!!」という、キャッチコピーから来ているのでしょう!

 

鮮やかな緑色をしていて、スッと上へ向かって芽を伸ばすお茶の芽の写真…。この写真を見ると、一番茶(新茶)の収穫へ向けて、ドキドキとワクワクが高まっていくのです(^^)/

 

一番茶の収穫前に行う肥料まきは、今回の『芽出し肥』で終わります。

良いお茶が収穫できるように、頑張って行っていきたいと思います。