日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

接ぎ木苗とは? 接ぎ木苗の特徴と注意点

こんばんは!

今日は、風もそれほど強くなく、春らしい穏やかな天気となりました!

 

川根地域では、山の斜面に所々生えている「山桜」の開花は、特に進んでいます!遠くから見ると、山の一部がピンク色に変化!

 

家山地区の、桜トンネルなどのソメイヨシノも、順調に開花が進んでいる状況です。

 

そして桜が咲く時期なると、夏野菜の苗が出回るようになります。

今日ホームセンターへ出掛けてみると、種類や数はすくないものの、トマトやナスなどの苗が販売されていました!

 

今回は、野菜などの苗で『接ぎ木苗』という言葉を見かけることがあると思いますが、どのような苗なのか?特徴と注意点を投稿していきたいと思います。

 

 

二種類の苗

野菜の苗は、大きく分けると『接ぎ木苗』と『自根苗』に分けることができます。

自根苗』は「自分の根」という文字の通り、種を蒔き、そのまま苗として育てたものです。

 

では『接ぎ木苗』はどのような苗なのか?

簡単に説明すると2種類の苗を組み合わせた苗になります。

例えばこのイラストのように、根元の方と上で違う種類の物を組み合わせています。

 

一口に野菜の苗、と言っても、種類によっては病気に弱かったり・強かったり、虫への強さ、品質などなど、特徴が異なっています。

 

そこで、良く根が張って病気や虫に強い物を土台(台木)にして、上の部分を病気などには弱いけど、品質が良くて美味しい品種にすれば、育てやすいです(^^)/

 

 

接ぎ木苗のメリット

接ぎ木苗は、自根苗と比べると、少々値段が高いです…。

2倍、3倍の値段になっていることも普通…。しかし、値段が高くなっても接ぎ木苗が作られ・販売されるのには、ちゃんとメリットがあるのです!

 

そのメリットは主に3つ。

病気に強くなる

寒さや暑さなど、環境の変化に対応できる

連作障害に強くなる

ほかにもいくつかのメリットが考えられますが、このくらいにしておきます…(^^;)

 

病気に強くなる・連作障害に強くなる、という2つの特徴は同じように考えてもいいかもしれません。

 

例えば、同じ野菜(トマト)を同じ場所で育てるとします。

すると、トマトに感染する病気が土の中に住み着いてしまい、新しく植えた苗に病気が感染する可能性があります。

 

病気になってしまえば、当然健康には育ちませんし、場合によっては枯れてしまうことも…(>_<)

 

そのような事を防ぐために、病気に強い品種や特徴を持った植物を台木として使用することで、このようなリスクを低くすることが出来るのです(^^)/

 

家庭菜園などで野菜を育てる時は、『接ぎ木苗』を選択した方が、育てやすいかもしれません。

 

 

接ぎ木苗の注意点

接ぎ木苗にはメリットがいつくかありますが、もちろん注意点もあります。

 

2種類の植物を組み合わせているため、もし台木として使用している植物が芽を伸ばして来たら、芽を摘み採る必要があります!

 

これは私の家でも昨年やってしまったことになります…。

夏野菜として、接ぎ木苗のナスを育てていましたが、根元から(台木部分)からニョキニョキと芽が伸びてきました。この芽を放置してしまい、気が付いたら草丈50㎝以上に…。

 

明らかに葉っぱの形や色が違った物が育ちました。また、花が咲き実も成ったのですが、それほど美味しいとは言えませんでした(^^;)

 

そのため、日々野菜の状態を確認しておくことが大切になります!