日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

アブラムシに注意

春、暖かくなると発生するのが『アブラムシ

 

アブラムシは、植物の樹液などを吸い取って生活しています。

そのため、植物の生長に影響がでたり、病気の原因にもなります。(デング熱では蚊を媒介して感染するのと同じで、アブラムシを媒介して感染する病気があります)

 

繁殖力もとても強いため、短時間に大量の子どもを産み、多発してしまうことも…。

しかし、早期に発見し対処したり、事前に対策を行うことである程度は防ぐこともできます。

 

今回は『アブラムシ』の早期発見のポイントについて投稿します。

 

※虫の写真もあります!苦手な方は閲覧に気をつけて下さいm(_ _)m

 

 

草をチェック

アブラムシは冬草や冬野菜について、冬を越していきます。

そして、気温が暖かくなると盛んに繁殖し、周囲へ広がって行くのです。

 

そのため、畑の周辺に生えている草や冬野菜をチェックして、「アブラムシが発生しているかどうか」を確認しておくと対策がしやすいです。

 

もし草にたくさんのアブラムシがいた場合は、育てている野菜にも広まる可能性は高いので、虫よけをする必要があります。

また、その草自体を取り除いてしまえば、発生のリスクも低くすることが可能です!

 

そのため、育てている野菜だけではなく、その周辺の環境にも目を向けることが必要です。

 

 

アリがいるかどうか

アブラムシの姿を確認するのには、『アリ』の存在がポイントとなります。

 

実はアブラムシは、テントウムシが天敵です。テントウムシがやって来ると、アブラムシは食べられてしまいます。

 

そこでアブラムシは、甘露(かんろ)という甘いおしっこを出し、アリを呼び寄せます。

アリはテントウムシなどの外敵を追い払うため、アブラムシは安心して生活することが出来るのです。

 

そのため「アブラムシ」と「アリ」はまさに共生関係!一緒にいることが多いです(^^;)

 

 

アブラムシは、小さく葉の裏に隠れていたりするため、少ししかいない状態だと、発見するのが難しくもあります…。

 

対して「アリ」はある程度の大きさがありますし、良く動き回るので発見しやすいです。「アリ」の姿を見たら、『甘露を吸いに来ている』と思い、よく確認する必要があります。

私も「アリ」が動き回るのが目についたため、ソラマメをよく観察してみました。すると、数匹ですがアブラムシの姿を確認しました…(>_<)

 

 

早期対策

アブラムシの姿を見たら、なるべく早く対策を行う必要があります。

 

すでに、植物についているため、できれば農薬などで防除した方がいいです!

ホームセンターに行けば、スプレーするだけの物がたくさん販売されています。中には、有機栽培でも使用できる物もあるので、よく見て選ぶのが大切かな…と思います。

 

牛乳などでも防ぐことが出来ますが、きちんと使用しないと、牛乳が原因となってカビなどが発生したり、臭いの原因にもなります。

安全だと思って使用しても、カビなどが発生すると逆効果なので、私自身はスプレータイプの農薬を使用するのが良いと思います(^^)/

 

 

また、事前にアブラムシがつかないようにするのも大切です。

例えば、防虫ネットで野菜その物を囲ってしまったり、アブラムシが苦手な「キラキラ」としたシートを敷くなどの対策もできます。

 

一度発生すると影響が大きい「アブラムシ」

せっかく育てているのに、作物が被害にあってしまうと辛いです…。

 

対策方法や防除方法は様々なものがあります。自分で調べ、納得できるものを選択し実行することが、より野菜に対して愛着を高めると思います!