日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

手作りフレーバーティーに挑戦

フレーバーティー」という言葉は聞いたことがありますか?

 

簡単に説明すると、お茶にフルーツや花などを混ぜたり、香りを付けたりしたお茶のことです。一般的には、紅茶にドライフラワーやドライフルーツなどを加えたものが、多く販売されています。

 

しかし日本茶の世界にも、徐々に「フレーバーティー」として飲む楽しみ方も浸透しつつあります。(例えば、ゆずの皮や色んな花の花びらなど…)

 

 

私自身は今まで、純粋なお茶(何かを混ぜたりはしていないお茶)ばかりを飲んできました。

そこで日本茶の「フレーバーティー」はどのような物なのか?

自分で、フレーバーを作るところから挑戦してみることにしてみました。

 

 

かんきつ系のフレーバーづくり

今回フレーバーティーを作るにあたって、選択したフレーバーは「かんきつ」になります。

具体的に”柚子”とか”みかん”とか品種も言えるといいのですが…詳しくは分かりません(^^;)

 

自宅の裏にいつの間にか生えてきたかんきつの樹。そして、自然に実を付けるようになりました。

 

実の味はそれほど良いとは言えないのですが、フレーバーティーに使用するのは皮の部分…。皮からは良い香りがしてきたので、その実を使用することにしました(^^)/

 

樹の大きさは高さ4メートルほど…。高枝切ばさみを使用して枝ごと実を収穫しました!

 

実ひとつの大きさは、ソフトボールよりも大きい程度。皮はきれいな黄色をしています。

 

 

手剥きとピーラーと…

フレーバーづくりに使用するのは、かんきつの皮の部分…。

ということで、皮を剥いて乾燥させる必要があります。この作業が第一段階です。

 

皮を剥く方法は2つ考えて実行しました。

1つはピーラーで薄く皮を剥く方法。

もう1つは、手で皮を剥く方法で行いました。

 

準備を終えた皮がこちら↓

右が手で皮を剥いたもの、左がピーラーで剥いたものです。実の部分も1つだけ干しています。

 

手で剥いた物は、あの白い部分もたっぷりと付いた状態で、ピーラーで剥いた皮は、黄色い部分だけ。実の表面を削り取るようにして剥きました。

 

ちなみに、手で剥いた皮もピーラーで剥いた皮も、それぞれ収穫したかんきつ1つ分の分量です!

 

 

今回行った準備はここまで…!

あとは天日によって、よく乾燥させていきます(^^♪

 

カラカラに乾燥し、力を加えたら砕ける程度にまで、時間をかけて干していくつもりです!

 

果たしてどのようなフレーバーティーが作れるのか…?

初めてのことなので、失敗もするかもしれませんが、色々試しながら挑戦していこうと思います(^^)/