日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

自作フレーバーティーを飲んでみて

お茶に、ドライフルーツやドライフラワーなどを加えた『フレーバーティー

 

日本茶の新しい楽しみ方の1つとして、注目を集めつつある物です。

 

私自身は、まだフレーバーティーを飲んだことがありません…(^^;)

 

「せっかくなので飲んでみよう!」

と軽い気持ちで始めた”自作フレーバーティーづくり”

フレーバーティーづくりに挑戦

 

今回は実際に飲んでみての感想を投稿したいと思います。

 

 

少量だと変化がない…?

今回作ったフレーバーは、かんきつの皮を乾燥させた物です。

 

手で分厚く剥いた物と

ピーラーで皮の表面を剥いた物

この2つを作りました(^^)/

 

今回飲んでみたのは、ピーラーで皮の表面を剥いた物。

「かんきつ類の香りは皮に含まれている」

と聞いたことがあるので、かんきつの香りがするのでは、と思いました。

 

お茶との比率は4対1

お茶4にフレーバーを1ほど加えて、飲んでみました。

飲み方としては、普段と同じように…。

ただ、香りがよく出るように、少し熱めのお湯で淹れてみました!

 

 

その結果としては…

4対1の比率では、ガラッと違う変化はありませんでした!

 

何となく「いつもと違うような…」そんな感じ…。

思い込みによるものかもしれませんね(^^;)

 

 

原因として考えられるのは、フレーバーの量かと思います。

お茶に対してフレーバーの量が少なかったので、あまり香りや味に変化がなかったのでしょう!

 

玄米茶は、お茶と玄米の比率がほとんど同じです。

ということで、次回はお茶とフレーバーの比率を1対1ほどにして、再び試してみたいと思います(^^)/